砂利鉄道

全て 名詞
9 の例文 (0.00 秒)
  • 砂利鉄道とは、公式の定義はないが、砂利の貨物輸送を主目的に敷設された鉄道のことを指す。 ...
  • 東京周辺では1907年開業した玉川電気鉄道がはじめて砂利輸送を目的にした鉄道とみられ、大正末期から昭和初期にかけて多数の砂利鉄道が開業した。 ...
  • 沿線地域の住民の利益よりも、企業目的の優先に重きが置かれたように感じられたため、実際に1919年5月に南部砂利鉄道株式会社の設定計画が立てられてから、工事許可申請が何度も延期された。 ...
  • 当時、多摩川で採取された砂利を都心に運搬するための鉄道、いわゆる砂利鉄道が何本も敷設されており、多摩川支線もその一つとして開業した。 ...
  • すでに開通していた南武砂利鉄道が、工業地帯造成の資材を三多摩から運び、工場は市域内陸部に次々と進出した。 ...
  • 元は、1905年に地元郷地村の紅林徳五郎が多摩川橋梁 - 福島村間に砂利鉄道を建設したもので、翌1906年に甲武鉄道が買収、さらに同年10月に国有化されたものである。 ...
  • またこの土場へ向けて、写真左上端辺り、河川改修前のペンケ歌志内川河口に設けた土場から「川口砂利鉄道」と呼ばれる専用線が引かれていた。 ...
  • 上平間で代々名主を務める家の生まれで16代目当主、村会議員の秋元喜四郎が発起人総代となり、1919年5月5日付けで、鉄道院に「多摩川砂利鉄道敷設免許申請書」を出願した。 ...