砂利道

全て 名詞
662 の例文 (0.00 秒)
  • 細かい砂利じゃり道を歩くかのような音は、ホロがものを食べている音だろう。 ...
  • なんだか、どこまで続いているのかと思うような歩きにくい砂利道だった。 ...
  • 砂利道に切石など取り合せた例のように、見た眼に美しくしようとした。 ...
  • 二台のクルマは時折砂利道に足をとられながらものろのろと登ってゆく。 ...
  • 急に馬車が、それまでの砂利道の土よりは固いものの上を走り始めた。 ...
  • しかし、自転車の走行跡が砂利道にできて走りやすくなっている部分もある。 ...
  • 翼は砂利道の中を足の痛みに耐えながらも必死になって走った。 ...
  • いまは砂利道になり、平地をあとに、二つの低い丘の間をのぼりだした。 ...
  • 誰と遊ばなくても、その砂利道にかがんで石を見ているだけで楽しかった。 ...
  • この砂利道の終点であるコルラまでの距離を示しているものだという。 ...
  • わたしたちの目の前に、斜面に沿うような形で一本、砂利道が通っている。 ...
  • 昼が過ぎた頃、キノは湖沿いの砂利道から森の中へエルメスを走り入れた。 ...
  • スミスの運転する車は砂利道を行き、さらに泥だらけの道にはいっていった。 ...
  • 会話と石探しを同時進行しているうちに、砂利じゃり道が終わりをむかえてしまった。 ...
  • 線路跡の築堤がそのまま砂利道となっているが、ホームの跡は残っていない。 ...
  • 芝生しばふがびっしりと敷きめられていて、その中央が砂利道になっていた。 ...
  • このまま行けば普通科校舎の横を抜けて、砂利じゃり道が通る学生りょうの群の中だ。 ...
  • 次へ