砂利運搬

30 の例文 (0.00 秒)
  • 利根川で採取された砂利運搬用に敷設された貨物専用の路線であった。 ...
  • 当駅が建設されるきっかけとなったのは川越町駅まで路線建設を進めていた東上鉄道が、入間川の砂利運搬線を求めたことによる。 ...
  • アラスカ鉄道は通常の便に車掌車を連結していることでは北アメリカでも最後に残ったものであり、現在でも砂利運搬列車で使っている。 ...
  • また、砂利運搬も飛行場造成のため再び急増することになった。 ...
  • 関東大震災後の市内補修の砂利運搬には威力を発揮した。 ...
  • なお、神流川からの砂利運搬専用線は、現在でも保線車両用の留置線として一部が利用されている。 ...
  • 開業当初は調布駅から分岐した路線の終着駅であり、多摩川の砂利運搬が主な目的であったが、1927年に京王閣が開業してからは多くの行楽客に利用された。 ...
  • その後は東京都内で砂利運搬の仕事に従事していたが、1980年5月に、64歳で亡くなった。 ...
  • 阿部貞助は個人で砂利運搬を目的とした専用鉄道の免許を得ているが、多摩鉄道設立に参画することにより砂利輸送の役割を負わせたとみられている。 ...
  • 砂利運搬トラックの運転手は、1959年11月25日に運転免許を取得したばかりの初心者だった。 ...
  • 玉川から運んできた砂利を都心に輸送するため、渋谷では、都心に線路を伸ばしていた東京市電と軌道が接続され、渋谷には砂利運搬車両の留置線も設置された。
  • さらに終点である多摩川原駅から多摩川の川原までは、砂利運搬用のトロッコで結んでいた。 ...
  • また、1945年以前には駅から野洲川河原への砂利運搬を目的としたトロッコ線路もあり、砂利の発送も行われた。 ...
  • 国鉄ホキ800形貨車とほぼ同型で、保線用砂利運搬に使われる。 ...
  • 越生駅まで延伸開業および旅客営業開始後も当駅より砂利の積み出し・運搬を行っていたが、昭和30年代に荒川水系の河床低下の問題が発生したため、河川からの砂利採取禁止に伴う砂利運搬終了により、当駅は役目を失い廃止された。 ...
  • なお同じ砂利運搬線の西武鉄道安比奈線に対し、入間川をはさんで向かい合うように線路が敷かれていた。 ...
  • 鬼怒川線は当初鬼怒川の砂利運搬を目的として建設され、当駅の営業時には鬼怒川河畔まで鬼怒川砂利合資会社の専用線があった。 ...
  • 次へ