砂利輸送

48 の例文 (0.00 秒)
  • 砂利輸送用に使用されていた玉川電車が旅客を乗せるようになった頃のこと。 ...
  • 相模線は相模川の砂利輸送を目的として建設された路線である。 ...
  • 基本的には事業用貨車であるが、砂利輸送に使われることもあった。 ...
  • 製造年次の関係でメートル法により設計されており、砂利輸送のため床は鋼板製であった。 ...
  • このように、砂利輸送を主目的とした性格から「ジャリ電」と呼ばれることもあった。 ...
  • 開業時から続いた砂利輸送については、相模川の砂利採取禁止により1964年までで終了した。 ...
  • 一方でこの年、相模川の砂利資源枯渇に伴い、砂利輸送は全廃された。 ...
  • 同工場向けの重油列車・砂利輸送列車は当初東横瀬駅 - 池袋駅間の運転であった。 ...
  • 同時期に開業した鉄道の多くと同様に多摩川の砂利輸送や、生糸や木材などの産物輸送を行うことを鉄道敷設の主な目的とした。 ...
  • その後も撤去はされず、第2次世界大戦で日本軍が占領したとき、10マイルにあった採石場からの砂利輸送に使用された。 ...
  • 専用線敷設当時は米代川の砂利輸送を行っていたが、後に秋木工業の木材輸送として使われるようになった。 ...
  • 引き続き砂利輸送が行われた他、厚木海軍飛行場に進駐した米軍向けの燃料輸送も実施された。
  • 東京周辺では1907年開業した玉川電気鉄道がはじめて砂利輸送を目的にした鉄道とみられ、大正末期から昭和初期にかけて多数の砂利鉄道が開業した。 ...
  • 沿線はさしたる産業もない農村地帯であり、相模川で採取される砂利輸送を主眼に置いての開業であった。 ...
  • 東京へ直結するという線形が注目され、1930年には砂利輸送用の無蓋貨車の大量増備を迫られるほどになった。 ...
  • 主に近くの九頭竜川より採取した砂利を鉄道路線で使用するための砂利輸送の専用貨物列車が乗入れていた。 ...
  • 砂利輸送列車の車掌は振り落とされ、絡み合った2台の機関車を引き離すのが困難を極めた。
  • 次へ