砂利車

8 の例文 (0.00 秒)
  • 一台の砂利車だけが、このしののめ前の時間に音をたてていた。 ...
  • もう一年以上もまえに、砂利車のしりがこの明かりとりにぶつかって、格子に穴をあけてしまったんだよ。 ...
  • 果して本通りには馬に牽かれた砂利車がつながれてあつた。 ...
  • 本通りの方で、砂利車から砂利を落す騒がしい響きもきこえてくる。 ...
  • それを大至急へい越しに、手ごろの砂利車の中へ投げ込むなんざ、彼等には朝飯まへの仕事です。 ...
  • 新道の道普請に、砂利じゃり車のあと押しをして、熱い熱い日の下に働いていたが、ふとはげしい眩惑げんわくを感じて地に倒れ、たすけられて自分の小屋に送り込まれてからは、いかな丈夫な身体からだもどうすることもできず、憐みの眼と情けの手に、乞食こじきにひとしい月日を送った。 ...
  • 前者はジン・リキ・シャに、顔色の悪い小さな滑稽な婦人や、醜い小さな日本の紳士を乗せて、全速力で曳いてゆき、後者は、ずっとのろく、ずっと強く、驚くばかりずんぐりしていて筋肉たくましく、重い砂利車に牛のように繋がれている。 ...