砂利石

12 の例文 (0.00 秒)
  • 似たような大きさの砂利石が、暗がりのなかでまるで馬鈴薯じゃがいものお化けのようにみえた。 ...
  • 灰色の砂利石のある地面の上を。 ...
  • その通りをはさんで両側に、魚の骨状に重なった丸い砂利石を積み上げた家が並ぶ。 ...
  • それからゆっくりと左折して砂利石の上を静かに進み、砂利を踏む音が突然やんだところで停止した。 ...
  • 凍つた砂利石の冷たさも肌にこたへない。 ...
  • あとには一面、黄ばんだ日を受けたススキの穂が波打って、その向うに砂利石だらけの川床がひろがっているばかりである。 ...
  • その他にも1920年代は嘉南大圳整備のため、1930年代は道路整備に伴って砂利石輸送専用線が整備されるなど貨物輸送は多角化していった。
  • 馬のひづめ荷馬車にばしゃ車輪しゃりん砂利石じゃりいしを乗りこえる音が、峪底たにそこにこだまするほかは、かたわらを流れる水の音さえ静寂せいじゃくいこまれたように聞こえなかった。 ...
  • と、楯氏の後ろから、大勢の同胞に取巻かれた次男の典二が、これも中学の制服に日の丸の襷凜々しく、そのくせ、隙があれば眼顔で誰かに悪戯をしかけたさうな様子で、玄関から門までの砂利石を踏みはじめる。 ...
  • この日まで、靖国神社は、由布にとって、印象にのこるお宮ではなかったが、愛川につれられて、九段坂上で降りて、横手の門から砂利じやり石を敷きつめた境内に入った時、身近なものとなった。 ...
  • 内拝殿の砂利石の上に傘をたたみ、フロックコートの身をぴたりと土下座して雨に打たれながら、二分、三分、頭をあげぬ松岡外相の祈りの姿は何とも言えぬ厳粛なものであった。