砂利混じり

13 の例文 (0.00 秒)
  • ブーツが砂利混じりの砂を踏む音を残して、高台の後方から降りていく。 ...
  • まず、黒い剣が乾いた音を立てて砂利混じりの地面に突き立った。 ...
  • ブーツが砂利じゃり混じりの砂をむ音を残して、高台の後方からすべり降りていく。 ...
  • そして、はるかに西にある火山の火山灰を豊富に含む砂利混じりの砂の層に周期的に埋められた。 ...
  • 現在では砂利や小石の海岸となっているが、昭和30年代までは野球ができるくらいの広さのある砂利混じりの砂浜であったという。 ...
  • 肥沃で砂利混じりのローム層がうねりのある地形を造っており、農業が盛んになった。 ...
  • 砂利混じりの地面に額をこすりつけ、何度か歯をかちかちと鳴らしたあと、ありったけの意志を振り絞って口を開いた。 ...
  • 足許あしもとは、砂利じゃり混じりの白い砂にうすく覆われた土だ。 ...
  • 私は顔面を引っ掻かれるように掴まれると、砂利混じりの水溜りに押し潰すように突っ伏された。 ...
  • レディング市周辺の土壌は大半がローム層あるいは砂利混じりのローム層であり、水はけが良く、赤または茶色の鉱物を含んだ層である。 ...
  • 排水の良い砂利混じりの畑が多く、カベルネ・ソーヴィニョンの栽培に最適で、フローラル系の香りが豊かな、やや軽めながら、繊細で優雅でバランスの良いワインが作られている。
  • ハルユキの目の前で、前後輪のディスクブレーキから盛大な火花を散らしつつスピンターンを決めたバイクは、砂利じゃり混じりの地面にくさわだちを残して停止した。 ...