砂利浜

28 の例文 (0.00 秒)
  • そんなことを思うと、人間は砂利浜をう虫よりも小さな存在ではないか。 ...
  • 砂利浜でカキをとっている漁夫たちの妙な叫び声のほかは、何も聞こえない。 ...
  • 朝の六時ごろ、船尾が砂利浜につくようになったので、わたしは作業中止を命じた。 ...
  • そのたびに船尾が持ちあがり、またさがって船底が砂利浜にぶつかった。 ...
  • わたしは湖の住民が舟を砂利浜に引き上げるのを手伝った。 ...
  • 佐多浦の浜は、砂利浜じやりはまだと聞いているが、船からながめる岸は、小山が海まで迫っているように見えた。 ...
  • われ怯懦きようだだったかもしれぬ、と倭建は砂利浜に仰向あおむけに転がった。 ...
  • 砂利浜に乗りあげて固定し、右舷側に十五度ほど傾いている。 ...
  • 砂利浜に引き上げられて、隠れ場にするためにひっくり返されていたジェイムズ・ケアード号も回収された。 ...
  • 湾内の砂浜は1974年の七夕豪雨により失われたが、1977年から1982年に行われた養浜事業によって現在では砂利浜として整備されている。 ...
  • 水質の透明度は高く、砂質から砂浜よりは砂利浜に近く、砂を固めたような石や珍しい形状の石を見つけることができる。 ...
  • 満潮に近かったので、トリッカラ号は竜骨をゆるやかに砂利浜にこすっていた。 ...
  • そこは広大な砂利浜で、風雨にさらされた流木の断片が黒っぽい丸石の上に転がっていた。 ...
  • 「どうやらわたしたちは何かの儀式に連れていかれるらしいわね」 四人を護送してきたグロリムの一人が急いで砂利浜を上がり、待ち構えている僧侶たちの前にふれ伏し、うやうやしげな声で何事かをささやいた。 ...
  • 新潟県では、糸魚川近辺の海岸は小砂利浜であり、夏にここに海水浴に来る人間が砂浜を歩く「ザクザク」という音が小豆を研ぐ音に酷似していたため、これが伝承の元となったともいう。 ...
  • 海岸線は短く大半が砂浜、砂利浜である。 ...
  • 逆流にさからって泳いでいる者もちらほら見えたが、ほとんどの行楽客は砂利浜の上に敷かれた縞模様のマットレスの上に坐ったり、寝そべったりしていた。 ...
  • 次へ