砂利採掘

24 の例文 (0.00 秒)
  • 護岸の強度不足や、砂利採掘がその被害を助長させたとみられている。 ...
  • 市内にいくつもある小規模な湖は、かつての砂利採掘場の跡か、防災池調整池である。 ...
  • この他1886年からは、都市部での砂利需要の増加に合わせて入間川の砂利採掘事業を行っている。 ...
  • 砂利採掘が可能な場所は全国にあったが、需要が集中する首都圏に供給する上で、砂利の輸送コストが低く抑えられる多摩川に砂利採掘は集中していった。 ...
  • おもな産業は農業であり、米・麦のほか、果樹栽培や養蚕も行われ、多摩川沿いでは砂利採掘が行われた。
  • 多摩川の砂利の採掘は江戸時代から行われていたが、あまりに大量に掘ったために堤防が壊れやすくなったこともあり、1934年に多摩川の砂利採掘は禁止された。 ...
  • 鋼のケーシングは非常に大きかったので、ケントのセブンオークスの近くの水没した砂利採掘場の戸外で試験しなければならなかった。 ...
  • 事故当日は午前5時に起床、一旦、瀬戸市まで砂利を運んだのち砂利採掘場へ戻り、今度は豊田市内の現場まで砂利を運ぶ途中に事故を起こした。 ...
  • 最終的に青梅市内の万年橋より下流での砂利が全面採掘禁止となり、翌年には多摩川全域で砂利採掘が禁止された。 ...
  • その年の後半、ジョアンナ・メッシーナの遺体がスワード近くの砂利採掘場で発見され、1982年に23歳のシェリー・モローの遺体がクニック川近くの浅い窪地で発見された。 ...
  • フランスのソンム渓谷にある砂利採掘所で、作業員たちが「猫の舌」と呼ぶ石に注目した税関長のブーシェ・ド・ペルトは、これをハンドアックスだと考え1839年にパリのアカデミーで発表した。 ...
  • 砂利採掘事業は「陸掘り」へと移行することとなり、東京横浜電鉄が中心となって東京川崎砂利株式会社が設立され、等々力緑地一帯の砂利採掘が行われた。 ...
  • 七五郎は東京市の砂利採掘の委託をされ、さらに1918年に砂利専用線を出願しているが、のちの多摩川砂利木材鉄道であった。 ...
  • 多摩川の砂利採掘跡を利用しており、はけ、小川、浅間山、梅園など、地形を再現し、それを生かした建物や田畑などと歴史と自然を楽しめるようになっている。 ...
  • こうした環境保護のための規制が敷かれつつも、大きな利益を生む多摩川の砂利採掘業は止まるところを知らず、大小の採掘業者が乱立し、砂利採掘禁止区域内での盗掘が横行していた。 ...
  • 過剰な砂利採掘により河床が低くなり、農業用水の取水が出来なくなったり、潮位によっては塩分を多く含む河口の水が遡行し、農業用水や水道原水に流入したりするといった被害が続出する環境問題に発展する。 ...
  • 第二次世界大戦後も東京都の立川市や調布市のアメリカ軍基地建設、そして高度経済成長による首都圏各地の工事需要で多摩川の砂利採掘は続き、堤防の内外には違法に採取された砂利の採掘跡が塹壕のように点在していた。 ...
  • 次へ