砂利採取

全て 名詞
89 の例文 (0.00 秒)
  • 多摩川の砂利採取に深くかかわっていたのが重役の紅林七五郎であった。 ...
  • 砂利採取線では国府津機関区所属のC11形蒸気機関車が使用されていた。 ...
  • これを受けて1963年に荒川での砂利採取が全面的に禁止された。 ...
  • かつて砂利運搬船の保有数が日本で最も多かったほど砂利採取運搬が盛んであった。 ...
  • また多摩川で砂利採取が広く行われていた時代には、駅北側に砂利の処理場があった。 ...
  • かつては当駅から多摩川の川原まで砂利採取線が伸びていた。 ...
  • また、河川への堆積土砂が進んだため、川砂利採取の規制緩和も進んでいる。 ...
  • 北海道砂利採取、日本高圧コンクリートなど多くの企業を設立した。 ...
  • 実業家としてはドライクリーニング業・砂利採取業・ビル経営・毛生え薬の販売などを手掛けた。 ...
  • 利根川の河床低下や法規制強化により、砂利採取が不能となったことによる。 ...
  • 開業時から続いた砂利輸送については、相模川の砂利採取禁止により1964年までで終了した。 ...
  • また、砂利採取のために川床が荒れてしまい、とりわけ水がひどく濁ってきた。 ...
  • このため砂利採取事務所は1957年に当線の廃止を決定し、同年6月28日に廃止届を提出した。 ...
  • 日本では、砂利採取法が砂利採取について規定している。 ...
  • 実施時には駅舎東側に貨物ホームがあった他、酒匂川岸まで伸びる砂利採取線があった。 ...
  • なお大久野島の東側は1960年代から1990年代にかけて大規模な海砂利採取が行われてきた地点であるが、その際に起きた事例は環境省資料にはない。 ...
  • この県内での砂利採取に事業者として名乗りを上げたのが、埼玉県当局である。 ...
  • 次へ