砂利場

37 の例文 (0.00 秒)
  • 山地の小河川沿いの土手や、山の尾根の砂利場の地上の窪みに産卵する。 ...
  • 庄吉のめざしているのは、日本堤の砂利場じゃりばのむこうの非人村であった。 ...
  • 砂利場のほうに用事があって、そのついでといっちゃ悪いが、ひさしぶりにお参りしたのさ。
  • わたしは砂利場の小舟のそばに寝そべって、父がペンキつぼや刷毛はけを扱うのを見ていた。 ...
  • 砂丘の裏手に、彼らが砂利場と呼んでゐる場所がある。 ...
  • 八郎が歩んでいるあたりは砂利場村じゃりばむらといい、左側は崖地がけちの下の木立が深く、右手は一面の田畑であった。 ...
  • 朝、砂利場への河岸で、男の雄大な体躯を見るのが、かれのその日を心強くする上に、なくてはならない物になった。 ...
  • 浜町の砂利場へ廻されて来た日だった。 ...
  • その砂利場には二つのこわれたおけ、二、三枚の板や二、三木のくいがあり、下の湖にはうちの小舟がつないであった。 ...
  • 砂利場で砂利の中にぶちこんだは誰じゃ。
  • だが、左次郎は、今日の砂利場の帳場から姿を隠したまま、どこへ行ったものか、銅鑼部屋へは帰らなかった。 ...
  • 森啓之助が手離すとともに、お米の体は朽木倒くちきだおれに、砂利場の山へうっしてしまった。
  • かつて、八郎が橘屋たちばなやの離れに隠れていたころ、砂利場村じゃりばむらの木立の中で、近辺の農家の娘に乱暴をしようとしていた浪人者を斬って捨てたことがある。 ...
  • そして、お蝶が意外な顔をしてためらっている間に彼女は、砂利場じゃりばくいにつないである綱を引いて、とまをかぶった一そうの小舟をぐいと岸へ寄せます。
  • 砂利場使いのパイスケ二百本ぐしが一人前の仕事。 ...
  • 争い合った動揺で、もやいの綱が解けたのでしょう、舟は知らぬ間に砂利場じゃりばの岸を離れて、鳥越川の川口から満々たる大川の中流に押し出されて、しもへ下へと流されていつつあるのでした。 ...
  • さうして海岸のけむつた柳のかげで くびなし船のちらほらと往きふ帆でもながめてゐよう あるいは波止場の垣にもたれて 乞食共のする砂利場の賭博ばくちでもながめてゐよう。 ...
  • 次へ