砂利まじり

11 の例文 (0.00 秒)
  • 何者かがやわらかい砂利まじりの泥に足をとられながら、ものすごい勢いで駈けて来る。
  • テニスコートの一つぐらい置かれるような空き地、草も何も生えていない小砂利まじりの空き地がある。 ...
  • やっとの思いでデコボコみちがつきて、馬車は砂利まじりの平らな路に入り、やがてとまりました。 ...
  • ブーツが砂利まじりの砂をふんで、岩の壁が手に触れる近さになったとき、かれは、ふとべつのものを感じた。
  • ある時など、峡谷を奥にむかって逃げる彼らの前方二十ヤードほどの所に砲弾が落下し、砂利まじりの地面にめりこんだことすらあった。 ...
  • 三人は曲がりくねって流れる川にそって、ゆるやかな傾斜で落ちている砂利まじりの岸辺で立ち止まり、馬たちに水を飲ませている最中だった。 ...
  • また、あるときは砂利まじりの山道をどんどんのぼってゆく。 ...
  • 「あの竜騎士、これを見たのなら、助けてくれるのが当たり前だ」 ボーガルドはわめき、大事な宝の荷役獣の上にかがみこんで、体のあちこちをたたき、切り裂かれた動脈から砂利まじりの道の上に流れだす血はまったく無視して、その言葉を歌のように唱えている。 ...
  • 連合軍は砂利まじりの平坦な谷底を行軍していた。 ...
  • 上の雪がとけた水がしっとりとこけむした岩肌をつたわってたえず流れおちたり、砂利まじりのなかば凍ったぬかるみに直接したたりおちているのだ。 ...