砂利だらけ

15 の例文 (0.00 秒)
  • なだらかに傾斜する波打つような砂利だらけの土地を一行は進んだ。 ...
  • 砂利だらけの道の上で一歩ずつ、じゃり、じゃりと音がするのが聞こえてくる。 ...
  • 突然、砂利だらけの地面をシャベルで掘るような重苦しい地響きが聞こえた。 ...
  • 先に立って砂利だらけの浜を進んでいたタジャクとその部下たちは、やがてひとことも言わずに回れ右をして、いまきた道を馬でひきあげていった。 ...
  • つながったままの車のあいだを縫い、右側の車線を横切ると、泥と砂利だらけの歩道に上った。 ...
  • 山のふもとで馬を下り、砂利だらけのダラダラ坂を登って行くと、昨日きずいた土饅頭どまんじゆうの向う側に、十一二の少年がぼんやり立っていたが、それが、次の次の弟であったので、こちらはおどろいた。 ...
  • 奴隷たちは残忍な顔をした船頭と鞭を恐ろしげにちらりと見て、砂利だらけの浜を必死にオールで押してはしけを出した。 ...
  • 砂利だらけの硬い校庭に慣れた足には、芝生のグラウンドはふかふかと柔らかくて、足が宙に浮いているような感じがした。 ...
  • 肘で砂利だらけの地面を摺るようにして前に進み、広いところに抜け出して、両手足をついたまま顔を上げてみると、とたんに、猛烈な勢いでみず飛沫《し ぶ き》が降り注いできた。 ...
  • 七月下旬のある朝、九時にギャツビーの豪華な車が我が家の砂利だらけの私道に入ってきて、三和音のクラクションを派手に鳴らした。 ...
  • 正南の山麓にあたる、堅くて不毛の砂利じゃりだらけのゴビを横切った。 ...
  • つまり、砂利だらけの学校のグラウンドにくらべたら、布団を敷きつめたようなフンワリしたグラウンドなのだ。 ...
  • 船の上にいたあの海賊どもより、もっと恐ろしげなあばれんぼうの群れが、今の今まで砂利だらけの岸にすわっていたのに、とつぜんぬっと立ち上がり、上陸したタルタランめがけたどっと押しよせてきたのである。 ...
  • 星浦駅前の砂利だらけの広場に、淡い影法師を落しながら、鼈甲縁の眼鏡をかけた三好がスタスタと遣って来た。 ...