砂利

全て 名詞
2,974 の例文 (0.01 秒)
  • 砂利を打つ跫音さへ一瞬にして静かな闇に置き代へられてゐたのだつた。 ...
  • 彼を先頭にして、三人は一列になって砂利を踏みながら玄関へと進んだ。 ...
  • 二つの玄関の前は、植込みに囲まれた砂利の広場になっていたのである。 ...
  • そして外に出ると、細い砂利の上を踏みながら入口の方へ歩いて行つた。 ...
  • 敷かれた砂利じやりが残像によってまるで川のように流れているように見える。 ...
  • 玄関わき小砂利こじゃりの上にはかたちのよい自動車が主人を送って来て控えている。 ...
  • ジープは小砂利の敷いてある一応道と言えるようなところを走っている。 ...
  • 駐車場はここから歩いて十分のところにある砂利が敷いてある空き地だ。 ...
  • やがて暫くしたら、この小さな靴が小砂利を踏む音を彼が聞く筈だった。 ...
  • 触れたか触れないかのうちに、針のような石は折れて砂利の上に散らばる。 ...
  • そして佐山さやまは、駐車場の砂利じゃりの上を一人の女性が歩いているのを見た。 ...
  • ベンチに坐った老婆たちと自分の影が、石砂利の上に短かく落ちていた。 ...
  • 線路も枕木まくらぎも血だらけで、砂利の上に肉だか脳みそだかが飛び散ってた。 ...
  • ヨハルは浅瀬あさせ砂利じゃりの上を、滑らぬように慎重しんちょうに馬を引いて歩いていく。 ...
  • それは背後のモリンドの浜辺と同じように黒っぽい砂利で覆われていた。 ...
  • また少し離れた所には大きな土管がいくつも砂利じゃりの上にころがしてあった。 ...
  • 歩いたにはちがいないが、足跡が残らないように砂利の上を歩いたんだ。 ...
  • 次へ
    アマゾンで検索:砂利