石川雅望

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • また狂歌を窓村竹、石川雅望に学んでいる。 ...
  • 一説には豊信の五男石川雅望の幼名ともいわれる。 ...
  • 国学方面では石川雅望を名乗った。 ...
  • 狂歌を、はじめ唐衣橘洲に、次いで宿屋飯盛こと石川雅望に学んだ。 ...
  • 撰文は石川雅望によるが、春英の生年を「明和五年」と誤っている。 ...
  • 狂歌師の石川雅望は豊信の子である。 ...
  • 今この自分、六樹園石川雅望が、このありあまる国学の薀蓄うんちくを傾けて敵討物を書けばどんなに受けるかしれない。 ...
  • 寛政以後、石川雅望に狂歌を学んで判者になっており、文学にも親しみ、狂歌摺物や版本の作画に活躍したほか沈金彫りや貝細工などにも長じた多芸な人であった。 ...
  • 歌よみは 下手こそよけれ 天地の 動きいだして たまるものかは 作者は宿屋飯盛こと石川雅望だ。 ...
  • 短歌においては、文化8年石川雅望が『江戸砂子』の挙げる地名別にそれを詠んだ狂歌を纏めた『狂歌江戸砂子集』を出版した。 ...
  • 作画期は文化から文政の頃にかけてとされ、文政8年10月、石川雅望の撰文による「勝川春英翁略伝の碑」という碑文に春英門下12人の名が刻まれており、その2番目に春童の名がある。 ...
  • また、30歳頃の作として、画家の谷文晁・岸駒、狂歌師の大田南畝・石川雅望、国文学者・歌人の橘千蔭、歌人の香川景樹、賀茂社家の賀茂季鷹とともに寄合書した対幅が残るが、当世きっての老大家たちと同席を許され、共作できたのは、有栖川宮家と親交があったことによると推測されている。 ...
  • 高田衛の弟子で、上田秋成、石川雅望など近世読本が専門。
  • 成島鳴鳳の門人であり、石川雅望の師。 ...
  • 近世には、石川雅望『雅言集覧』、太田全斎『俚言集覧』、谷川士清『和訓栞』といった辞書が出た。 ...