短い

全て 形容詞
26,079 の用例 (0.02 秒)
  • 私は今度の短い旅行の間にも、さういふ人々の姿をもう何人か見て來た。 島木健作『東旭川村にて』より引用
  • この頃の春の日はまだ短いので、二人は暗くなってから江戸へはいった。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • 春の花の盛りは短くても印象は深く残るものであるというべきであろう。 与謝野晶子『源氏物語』より引用
  • 短い論文ただ二つではあったが、これがこの方面の研究の基礎となった。 寺田寅彦『レーリー卿(Lord Rayleigh)』より引用
  • 四年半は三十年戦争や七年戦争に比べて短いようでありますが緊張が違う。 石原莞爾『最終戦争論』より引用
  • こんなことに眼をとめながら、私は短い土手道を家の方へと馬を進めた。 ポー・エドガー・アラン『アッシャー家の崩壊』より引用
  • 二五六バイトでは、機械語でほんの短いプログラムを書くしかなかった。 富田倫生『パソコン創世記』より引用
  • そのカードがスリットに入れられてから短くはない歳月が経過している。 村上春樹『1Q84 BOOK3』より引用
  • 気がついて見ますと、傘だと思つて手に持つてゐたのは短い棒切でした。 土田耕平『狐に化された話』より引用
  • 日の短い折なので、五時だというのにもう何処も暗くなり出していた。 堀辰雄『菜穂子』より引用
  • 今からもうそれだけで息がつまり、時間が長くも短くも思われるのだった。 ヘッセ/岩淵達治訳『車輪の下』より引用
  • 麗子は短く礼をいい、ちらりと崖下を見てすぐに男の方に視線を戻した。 篠田節子『美神解体』より引用
  • チェーン・ロックは短くて一度かけたら一生はずれないような気もする。 中場利一『さあ、きょうからマジメになるぞ!』より引用
  • 短い作品で一つの問題を提出するといふやうなことは難しいことだ。 平林初之輔『「華やかな罪過」作者として』より引用
  • 神経の疲労のこの現象は、短い瞬間に非常に多くのことを私に暗示した。 宮本百合子『芸術が必要とする科学』より引用
  • 太陽がのぼるにつれて、断頭台の影の長さは草の上で短くなっていった。 ユゴー/榊原晃三訳『九十三年』より引用
  • これまでは仕事即ち職業としての外との相互関係から比較的短かったから。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • それは極めて短い夏であったが、それだけに一年中で夏は尊いのだった。 海野十三『鍵から抜け出した女』より引用
  • かれらは斜路の警備隊と短く言葉をかわしてから、ふたたび先へ進んだ。 P・J・ファーマー『階層宇宙の危機』より引用
  • クルツがよく使っている滑降砲かっこうほうを短くして、機構的きこうてきに変えただけのもの。 賀東招二『フルメタル・パニック!短編集06 あてにならない六法全書?』より引用
  • 次へ »