知れる

全て 動詞
1,806 の用例 (0.01 秒)
  • 死と云うものもあの二匹の犬と何か似た所を持っているのかも知れない。 芥川竜之介『少年』より引用
  • 私には口はばったい云い分かも知れませんが聖書と云う外はありません。 有島武郎『『聖書』の権威』より引用
  • して見ればこの話もある社会には存外もう知られている事かも知れない。 芥川竜之介『西郷隆盛』より引用
  • 警察に知れる前にロンドン行きの列車に乗ることもできたでしょうしね? ミルン/古賀照一訳『赤い館の秘密』より引用
  • 病院にして名勝の絵になったのは、全国ここばかりであろうも知れない。 泉鏡花『みさごの鮨』より引用
  • 事によると机の抽斗ひきだしに、まだ何か発表しない原稿があるかも知れません。 芥川竜之介『奇遇』より引用
  • 事によると今日はとまって来るから、帰りは明日あすの朝になるかも知れない。 芥川竜之介『妙な話』より引用
  • この点では殆ど先生としては人工を尽したと言つても善いかも知れない。 芥川竜之介『文芸的な、余りに文芸的な』より引用
  • だが、犬はどこへ逃げこんでしまったか、なかなか行方は知れなかった。 海野十三『火星兵団』より引用
  • 指摘されなくてもすぐそれと知れる連中が店の一番奥の席を占領していた。 馳星周『不夜城完結編 長恨歌』より引用
  • 社会がどんな書物を要求しているかによって、その社会の状況が知れる。 森本哲郎『読書の旅 愛書家に捧ぐ』より引用
  • 又深い生活の冒険者が知っているように知っているのではないかも知れない。 有島武郎『惜みなく愛は奪う』より引用
  • 人はこの場合の私を余り強過ぎたからだといおうとするかも知れない。 有島武郎『惜みなく愛は奪う』より引用
  • それともあっちこっち山の中を何かの御使おつかいに歩いているのかも知れません。 泉鏡花『薬草取』より引用
  • それゆえに私の生涯は実に前の生涯より清い生涯になったかも知れませぬ。 内村鑑三『後世への最大遺物』より引用
  • あのまゝで行くと俺の銀行の地位は持ち切れなくなるかも知れないよ。 島村抱月『人形の家』より引用
  • 知れる限りの誰も彼もが、これをお代官の首と思わぬものはないらしい。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • あるいは私とどこかへ一しょに行く事を、望んで居ったかも知れません。 芥川竜之介『二つの手紙』より引用
  • ここにいる事が知れた日にゃ、明日あしたにも押しかけて来ないものじゃない。 芥川竜之介『奇怪な再会』より引用
  • 清太郎はそこにいないかも知れない、少くとも死んでいるのではないか? 芥川竜之介『春の夜』より引用
  • 次へ »