知り合いの女性

38 の用例 (0.00 秒)
  • 私の知り合いの女性は、学生時代、奈良にある大学の寮で生活していた。 群ようこ『ネコの住所録』より引用
  • 私は陽二の電話を切った後、知り合いの女性週刊誌の編集長に電話をかけた。 林真理子『美食倶楽部』より引用
  • 知り合いの女性編集者で、電話だとまるで男のように野太い声を出す人がいる。 塩田丸男『口下手は損ですか 面白い話をするための12章』より引用
  • その内容は日下部の知り合いの女性刑事が北海道にやってきた理由についてだった。 和田はつ子『虫送り』より引用
  • さらに、彼の知り合いの女性を助けるために、学園都市の外へ出かけていたのだ。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第06巻』より引用
  • 知り合いの女性編集者が二人並んで立っている。 林真理子『野ばら』より引用
  • ましてや知り合いの女性でしたなんて言われたら、どう反応していいか見当もつかない。 喬林知『今日からマ王 第15巻 「宝はマのつく土の中!」』より引用
  • 知り合いの女性の家で、私と友だち、彼女と恋人が一緒に食事をすることになったのだ。 群ようこ『贅沢貧乏のマリア』より引用
  • 知り合いの女性で、マンションを購入した人は何人かいて、私も買おうかなとは思っていた。 岸本葉子『マンション買って部屋づくり』より引用
  • 私の別の知り合いの女性は、大企業の課長職にある。 岸本葉子『マンション買って部屋づくり』より引用
  • 知り合いの女性が私に手を合わせた。 林真理子『美女入門 PART3』より引用
  • 仲本は猛烈な勢いで二十五歳から三十歳までの知り合いの女性の顔を思い浮かべてみたが、二メートル程先にすわっている女性の顔は出てこなかった。 神崎京介『禁忌』より引用
  • 本名の『かおり』は、肌がきれいだという母の知り合いの女性の名前から名付けられた。
  • 私の知り合いの女性で電話帳に自分の名前で登録している人は、一人残らず、深夜のイタズラ電話の被害を受けているということだ。 塩田丸男『口下手は損ですか 面白い話をするための12章』より引用
  • 富士井氏は「武内たけうちさん」という知り合いの女性を連れて行くと言う。 森見登美彦『美女と竹林』より引用
  • その途中で知り合いの女性と遭遇し子供の入学を祝う。
  • それによると、きらから長崎に「一緒に仕事をしたい」旨を伝えられ時、長崎はきらが何者で男性か女性かすら知らず、知り合いの女性編集者に教えてもらった。
  • その町に住む主人公・和泉 尊は知り合いの女性が皆巫女であるということもあり、彼女達との関係に悩んでいた。
  • もの忘れがひどいということを、エッセーに書いたら、知り合いの女性からクレームがついた。 岸本葉子『30前後、やや美人』より引用
  • 本人によると、その日の午前2時30分ごろに帰宅する前に知り合いの女性と食事しワインを2本あけたという。
  • 次へ »