知り合いになる

93 の用例 (0.00 秒)
  • そこで彼は、それぞれ王位についている二人の兄弟と知り合いになった。 ウルフ/岡部宏之訳『新しい太陽の書3』より引用
  • 君たちが知り合いになったといってもせいぜい三時間たらずだと思うが。 シェイクスピア/大山俊一訳『テンペスト(あらし)』より引用
  • お知り合いになったのだって、つい最近だし、むしろ邪魔者扱いですよ。 内田康夫『日光殺人事件』より引用
  • これより前に、祖母は一人の非常に有名な男と知り合いになっていた。 プーシキン・アレクサンドル・セルゲーヴィチ『世界怪談名作集』より引用
  • パリの生活の間に、ある薬会社の社長とその下の医者と知り合いになった。 なだいなだ『パパのおくりもの』より引用
  • 弁造は大学の先生なら、知り合いになっていてもいいだろうと思った。 泡坂妻夫『亜愛一郎の逃亡 (亜愛一郎シリーズ3)』より引用
  • 二日続いた祭りの間、店を並べているうちに知り合いになったらしい。 夢枕獏『風果つる街』より引用
  • お知り合いになりたいと思わない男なんて地球上に存在しないだろ! 平坂読『ホーンテッド! 2』より引用
  • あのかたとお知り合いになってからまだ二週間たっただけですもの。 オースティン/伊吹知勢訳『高慢と偏見(上)』より引用
  • それにあたしたち、ほかのみんなと知り合いになる暇はないんですからね。 メーテルリンク/鈴木豊訳『青い鳥』より引用
  • 二十代の後半に入った頃、肉の卸しの会社の社長の娘と知り合いになった。 浅野誠『ビジネスマンの精神病棟』より引用
  • Sとは、この春にだした私たちの研究論文がきっかけで知り合いになった。 藤村由加『人麻呂の暗号』より引用
  • 彼とは、パリに着いて間もなく、フランス語の教室で知り合いになった。 近藤絃一『したたかな敗者たち』より引用
  • 僕はこの妖怪少女と知り合いになったことを早くも後悔し始めていた。 ZUN『東方香霖堂 ~Guriosities of Lotus Asia』より引用
  • 仕事の上で知り合いになろうとは思いもかけなかった昔だがね。 ドイル/鈴木幸夫・鮎川信夫・齊藤重信『シャーロック・ホームズ全集(上)』より引用
  • 最後の金は賭場で知り合いになった弥平次やへいじという男に借りたのだった。 松本清張『無宿人別帳』より引用
  • 私たちが知り合いになっていいような連中じゃない、と言うのです。 ドイル/鈴木幸夫・鮎川信夫・齊藤重信『シャーロック・ホームズ全集(上)』より引用
  • 彼はていねいに握手を求め、私と知り合いになる嬉しさを顔に現わした。 アンデルセン/神西清訳『即興詩人(下)』より引用
  • だけどあなた、私のような者といつまでも知り合いになってるのは嫌でしょう。 豊島与志雄『運命のままに』より引用
  • 鉄太郎がこの男と知り合いになったのも、この事件がきっかけである。 南條範夫『山岡鉄舟(二)』より引用
  • 次へ »

知り合いになる の使われ方