知り合いである

189 の用例 (0.00 秒)
  • そういうことであれば、彼女たちが知り合いであってもおかしくはない。 三雲岳斗『レベリオン 第02巻』より引用
  • 彼とヤング夫人はまえから知り合いであったことがあとで判明したのでした。 オースティン/伊吹知勢訳『高慢と偏見(上)』より引用
  • この時期のどこかの時点で、彼はレアの知り合いであったと出会っている。
  • 龍丸さんとは、このところお会いしなかったが、古い知り合いである。 星新一『きまぐれ遊歩道』より引用
  • 知り合いである新聞社の編集長のつてを頼って物件を借入、武館を開く。
  • ただ、あの事件では犯人が被害者の知り合いである可能性はほとんどなかった。 宮部みゆき『龍は眠る』より引用
  • この女が、昔、自分の主人である貴子と知り合いであったというのはいい。 夢枕獏『陰陽師付喪神(つくもがみ)ノ巻』より引用
  • わたくしは、江木先生と鈴木さんとは以前から知り合いであったと思います。 松本清張『黒の回廊』より引用
  • 彼女の兄弟のうちの2人はエイブラハム・リンカーンと知り合いであった。
  • 一緒に街を歩いている姿を見かけたことがあるので、前から知り合いであることは確かだ。 吾妻博勝『新宿歌舞伎町 新・マフィアの棲む街』より引用
  • そこで、偶然彼女の知り合いである同じ年ごろの女性とその愛人とに出会った。 宮本百合子『傷だらけの足』より引用
  • しかもそれがごくあっさりした通り一遍の知り合いである事が多い。 浜尾四郎『途上の犯人』より引用
  • フランチェス子がモデルクラブで働いていたときの知り合いである。 姫野カオルコ『受難』より引用
  • それに鈴木徳子には私の友人が知り合いであったので二、三度引き逢わされた。 高浜虚子『丸の内』より引用
  • 鈴璃も咲良の名前を知っていたところから見ると二人は知り合いであるらしい。 新井輝『ROOM NO.1301 10』より引用
  • まな美と土門くんは、竜介と竜蔵が知り合いであることは知っている。 西風隆介『神の系譜Ⅵ 竜の時間 神国』より引用
  • 山代とは、彼が入院するような事件を引き起す前からの知り合いであった。 井上靖『崖(下)』より引用
  • もっといい城を見つけてやることも出来るし、そこの持ち主とも知り合いである。 林真理子『ロストワールド』より引用
  • 同じ高校の知り合いである山口愛がきっかけで麻雀をはじめる。
  • だが、おしろは長崎屋の離れによく顔を出す、気の知れた知り合いであった。 畠中恵『おまけのこ』より引用
  • 次へ »

知り合いである の使われ方