矢代は千鶴子

57 の用例 (0.00 秒)
  • ロココ風な等身大の肖像画のかかった食堂で矢代は千鶴子と食事をした。 横光利一『旅愁』より引用
  • 矢代は千鶴子がいなくなってから自分も立って鏡に姿を映してみた。 横光利一『旅愁』より引用
  • 矢代は千鶴子へ電話をかけてもときどきいないことが多くなった。 横光利一『旅愁』より引用
  • 煙草を出して矢代は千鶴子に一本すすめ、梢の上を流れる雲に見入った。 横光利一『旅愁』より引用
  • 矢代は千鶴子のその変化を感じたくて正面から瞳の中を見た。 横光利一『旅愁』より引用
  • 矢代は千鶴子にもっといろいろと、こんなことに関して話したかった。 横光利一『旅愁』より引用
  • 矢代は千鶴子の方にはあまり視線をむけないように気をつけた。 横光利一『旅愁』より引用
  • 矢代は千鶴子のこととなると話を反らして時計を見るのだった。 横光利一『旅愁』より引用
  • 矢代は千鶴子が強いて居ずまいを正したのではないことを心ひそかに希った。 横光利一『旅愁』より引用
  • そうかといって、矢代は千鶴子を今も信じないわけではない。 横光利一『旅愁』より引用
  • 三台の自動車がいっぱいになったとき、矢代は千鶴子を一寸見た。 横光利一『旅愁』より引用
  • 矢代は千鶴子のことを思い出すこともあったが、今は彼女と別れて来たことを良いことをしたと思った。 横光利一『旅愁』より引用
  • 矢代は千鶴子の声を聞くと、そうだ、千鶴子もここにいたのだと初めて気がついた。 横光利一『旅愁』より引用
  • こう矢代は千鶴子に書いて、嘘はどこにもないと思った。 横光利一『旅愁』より引用
  • 宿では矢代は千鶴子の部屋で、共通の知人たちをさがして二人で寄せ書きした。 横光利一『旅愁』より引用
  • 矢代は千鶴子がよく気のつく上の兄の由吉を連れて来ずに、槙三を選んだ理由もよく分った。 横光利一『旅愁』より引用
  • 矢代は千鶴子と陽のよく射した茶店を選んで赤い毛氈の床几に休んだ。 横光利一『旅愁』より引用
  • 矢代は千鶴子が身動きすると一層高まる酔いに似たものを感じた。 横光利一『旅愁』より引用
  • 矢代は千鶴子の手紙の中の不眠のことを思い出し、それもそうあろうかと、むしろその方が彼女の篤実ささえそこに感じて同情した。 横光利一『旅愁』より引用
  • 矢代は千鶴子に出す手紙には、自分のそのように見えて来ている空というものの考えも、よく彼女に分る風に書き込んでみたかった。 横光利一『旅愁』より引用
  • 次へ »