瞳を瞬く

20 の用例 (0.00 秒)
  • その言葉に椎菜はおどろいたようにひとみまたたかせながら華のことを見ていた。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第11巻』より引用
  • そんな俺の言葉を受けて、おふくろが何度か大きな瞳を瞬かせる。 井上堅二『バカとテストと召喚獣 3.5』より引用
  • 凪は切れ長のひとみしばたたかせると、珍しく僕の目をまっすぐに見つめた。 清野静『時載りリンネ!1 はじまりの本』より引用
  • しかし、何度か真っ青な瞳をまたたいただけで、別に動揺もなく聞き返す。 吉野匠『レイン4 世界を君に』より引用
  • レインの声が意外に優しかったせいか、セルフィーは薄緑うすみどりの瞳をまたたく。 吉野匠『レイン3 シャンドリス、侵攻す』より引用
  • 六割がた猫に近い顔の、大きな水色のひとみまばたかせてチユリはふんと鼻を鳴らした。 川原礫『アクセル・ワールド 03 -夕闇の略奪者-』より引用
  • もう一度くるっと瞳を瞬かせて笑ってから、済まなそうに首を縮める。 九里史生『SAO Web 外伝04 絶剣』より引用
  • ぱちくりとうるむ大きな瞳をまばたかせ、ずい、と竜児のふところに踏みこんでくる。 竹宮ゆゆこ『とらドラ! 第04巻』より引用
  • 亜美は「あ」と口を半開きにし、そのままパチクリと大きなひとみまばたかせた。 竹宮ゆゆこ『とらドラ! 第02巻』より引用
  • リンネは一瞬、そのむらさきひとみまたたかせて緒方夫人を見つめた。 清野静『時載りリンネ!2 時のゆりかご』より引用
  • 肩をすくめると、銀瞳を瞬かせ、最高司祭アドミニストレータは軽く笑った。 九里史生『SAO Web 0407 第八章02』より引用
  • 宝石のようにひんやりとした碧色の瞳をまたたかせて、一弥を見上げる。 桜庭一樹『GOSICKs 第3巻』より引用
  • 緑色にけぶる瞳を瞬かせ、すごいスピードでページをめくり続ける。 桜庭一樹『GOSICKs 第3巻』より引用
  • ヴィクトリカは謎めいたことをつぶやくと、碧の瞳を瞬かせた。 桜庭一樹『GOSICK 第6巻』より引用
  • ふいに問われてリンネはぱちぱちと紫色むらさきいろひとみしばたたかせた。 清野静『時載りリンネ!1 はじまりの本』より引用
  • シェルファはすぐには理解できなかったらしく、瞳を瞬く。 吉野匠『レイン1 雨の日に生まれた戦士』より引用
  • ぎょろりとした瞳をしばたたいて、芸術家の顔をじっと見上げる。 三雲岳斗『旧宮殿にて』より引用
  • ここでやっと、さすがのレインも黒瞳くろめまたたいた。 吉野匠『レイン2 招かれざる帰還』より引用
  • 少女は四季をじっと見て、大きな瞳を瞬かせる。 森博嗣『四季 1 春』より引用
  • ぱちくりとひとみまばたかせ、朝比奈さんはきつねに化かされた仔狸こだぬきみたいな表情になった。 谷川流『涼宮ハルヒの溜息』より引用