瞬く間に過ぎ

26 の用例 (0.00 秒)
  • クレオとの一日は瞬く間に過ぎ、また元の喧騒の日々に戻ることとなる。
  • 三日間が瞬く間に過ぎたが、北条勢は撃って出てくる気配を示さなかった。 咲村観『上杉謙信地の巻』より引用
  • そして、時間は瞬く間に過ぎて行き、とうとうあの時間がやって来た。 山田悠介『リアル鬼ごっこ』より引用
  • かれたレールの上を疾走しっそうしているような日々はまたたく間に過ぎていく。 谷川流『涼宮ハルヒの暴走』より引用
  • 中洲の防備を進め、迎撃の訓練を積んでいると、日々は瞬く間に過ぎた。 小川一水『風の邦、星の渚 レーズスフェント興亡記』より引用
  • せい しゅう さいに備えた最後の一日は、またたく間に過ぎてゆく。 高橋弥七郎『灼眼のシャナ 第11巻』より引用
  • それだけに探索は容易ではなく、ふた月余りが瞬く間に過ぎて行った。 半村良『産霊山秘録 下の巻』より引用
  • 楽しい時間は瞬く間に過ぎ、僕たちはまた来週の金曜日に会う約束をして別れた。 乾くるみ『イニシエーション・ラブ』より引用
  • 手首に巻かれた炎を見ているだけで、時間は瞬く間に過ぎた。 馳星周『生誕祭(上)』より引用
  • 学園時代は瞬く間に過ぎ、ついに二人は結婚した。
  • カムロミとのひと時は瞬く間に過ぎていきました。 小林泰三『海を見る人』より引用
  • 時間はまたたく間に過ぎていきました。 田中ロミオ『人類は衰退しました 02』より引用
  • 一週間はまたたく間に過ぎていった。 谷川流『電撃!!イージス5 第02巻』より引用
  • 日登美が日の本村に帰ってきてから、一カ月半が瞬く間に過ぎて、季節は十一月になっていた。 今邑彩『蛇神』より引用
  • 昼はまたたに過ぎ、商売を終えて帰路に着く商人や職人たちが町に出始めた時間になってようやく話は終わったが、ノーラは結局ビールに手をつけずに席を立った。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅱ (電撃文庫)』より引用
  • そうこうするうちに一ヶ月は瞬く間に過ぎ、いつのまにかこの話は立ち消えになっていた。 松永真理『iモード事件』より引用
  • 二十日間が瞬く間に過ぎた。 咲村観『上杉謙信天の巻』より引用
  • 午前中は瞬く間に過ぎた。 赤川次郎『マリオネットの罠』より引用
  • そうこうするうち、予定の日数は瞬く間に過ぎてしまった。 乃南アサ『暗鬼』より引用
  • 志藤家に嫁いでからの日々は瞬く間に過ぎた。 乃南アサ『暗鬼』より引用
  • 次へ »