瞬く間に消え

12 の用例 (0.00 秒)
  • その瞬間、携帯電話が鳴って、わずかな光明は瞬く間に消えてしまった。 若竹七海『悪いうさぎ』より引用
  • こちらへ向けて発射された一発の花火も、風に押し流されて瞬く間に消えた。 森見登美彦『有頂天家族』より引用
  • 顔も合わせず、Dがやって来た廊下へと疾走し、瞬く間に消えた。 菊地秀行『吸血鬼ハンター13 D-邪神砦』より引用
  • くるう光の中で和穂の傷はまたたく間に消えていった。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録・奮闘編05 最後の宝貝』より引用
  • 膨大な時の流れが一瞬、春恵の頭の中で嵐のように吹き荒れたかと思うと、まるで巨大な集塵機で吸い上げられるようにして、瞬く間に消えていった。 小池真理子『ひるの幻 よるの夢』より引用
  • まさかの出来事に野次馬どもは悲鳴を上げて身をのけぞらせ、またたく間に消えてなくなっていく巨大な餃子を呆然ぼうぜんと見つめた。 秋山瑞人『イリヤの空、UFOの夏 その3』より引用
  • それは瞬く間にDの全身を覆って、瞬く間に消えた。 菊地秀行『吸血鬼ハンター12c D-邪王星団3』より引用
  • そのゴールは、私にとっては砂漠でやっとオアシスを目の前にしながら、いざ触れようとすると瞬く間に消えてしまう蜃気楼しんきろうも同然だった。 松永真理『iモード事件』より引用
  • 大食いの子供を見るのが何よりの楽しみだという真紀子は、彼女の心尽くしの料理が、またたに消えてゆく現場に立ち会えないのが、一番心残りなのだろう。 新田一実『妖鬼の呼ぶ声 霊感探偵倶楽部』より引用
  • これにより、NEWバージョンがリリースされた後OLDバージョンは瞬く間に消えていったという経歴がある。
  • けれども、この火がちょうど稲妻のきらめきのようにまたたく間に消えてなくなると、たちまちにわたしの霊魂は別の眼、別の状態、別の判断を、取りもどした。 モンテーニュ/関根秀雄訳『モンテーニュ随想録抄』より引用
  • 切断痕は瞬く間に消えた。 菊地秀行『吸血鬼ハンター12d D-邪王星団4』より引用