瞬く光

29 の用例 (0.00 秒)
  • その茂みの暗い葉陰の中でチカチカと瞬く光の反射に気付いたからだ。 ジェイムズ・ブリッシュ『11 惑星ゴトスの妨害者』より引用
  • 転送室には良く見なれた瞬く光の効果が既に現れ始めていた。 ジェイムズ・ブリッシュ『03 地球上陸命令』より引用
  • 遠くの方にチカチカと瞬く光が見え、やがて、まさにそこにはヴィナがいた。 ジェイムズ・ブリッシュ『04 暗闇の悪魔』より引用
  • その掌のなかのプリズムも、瞬く光をほとんど失おうとしていた。 九里史生『SAO Web 0405 第七章02~転生Ⅱ』より引用
  • これに応えて、今まで無数にまたたく光球だった輝きが集結し、数十の剣となった。 丈月城『カンピオーネ! 04 英雄と王』より引用
  • ちかちかと瞬く光は、姿勢制御用の熱核ロケットの噴射光だろう。 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 10 虹の彼方に(下)』より引用
  • 単純に考えて、あの何十億もの瞬く光すべてが地上を狙うミサイルの噴射光だとでも思えば良い。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第04巻』より引用
  • 部屋の四方の壁をおおい隠すように設置された無数のモニタやボタン がまたたく光である。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第02巻』より引用
  • だが周囲にはチカチカ瞬く光の他には何もない。 ジェイムズ・ブリッシュ『10 最後〔オメガ〕の栄光』より引用
  • いつものように眠れずぼんやり転がっていたら、窓の向こうにちらちらと瞬く光を見つけた。 竹宮ゆゆこ『ゴールデンタイム第05巻 ONRYOの夏 日本の夏』より引用
  • ちかちかと瞬く光が星々に混ざって見えたが、素人目にはなにがわかるものでもない。 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 09 虹の彼方に(上)』より引用
  • なみだをこぼすようにまたたく光の海をながめながら. 鈴木大輔『ご愁傷さまニノ宮くん 07』より引用
  • 一度そう思ってしまうと、ちらちらと跳ねるようにまたたく光の点の動きは、まるで自分に見つけてほしがっているかのように見えてくる。 竹宮ゆゆこ『ゴールデンタイム第05巻 ONRYOの夏 日本の夏』より引用
  • 深夜とあって、またたく光はいくらか少なくなっている。 有栖川有栖『ダリの繭』より引用
  • 荒れ狂う波間なみま彼方かなたに、狭い範囲に密集してまたたく光の群れがある。 秋山瑞人『ミナミノミナミノ (電撃文庫)』より引用
  • そのうちのひとつ、巨大な窪みの中央に、キラキラと瞬く光の群があるように思えるのは眼の錯覚だろうか? 九里史生『SAO Web 02』より引用
  • またフラットウッズの町の真南にはブラクストン・カウンティー空港があり、モンスターの目撃場所の丘からは三つの航空障害灯を見ることができるが、目撃者が見た赤い瞬く光と、モンスターの顔の赤色はこれの見間違いではないかと考えられる。
  • 揺れ動くカークのからだの上でチカチカと瞬く光が踊った。 ジェイムズ・ブリッシュ『10 最後〔オメガ〕の栄光』より引用
  • 更に八回〈ビーッ〉という音を聞いてから、二人はチカチカと瞬く光に変り、消えた。 ジェイムズ・ブリッシュ『11 惑星ゴトスの妨害者』より引用
  • すでに二キロ近く離れていては、喧噪の具体的な中身は知る由もないが、そこここで散発的に瞬く光は、敵襲のそれとは異なる隠微な緊張感を醸し出していた。 福井晴敏『終戦のローレライ(下)』より引用
  • 次へ »