着替える

全て 動詞
901 の用例 (0.01 秒)
  • 着替えるときに移しておいた書き付けをつかむとかさりとかすかな音がした。 畠中恵『しゃばけ』より引用
  • 時間がくると二階の夫に声をかけてから、髪を直して羽織を着替える。 平林たい子『うつむく女』より引用
  • あれ、前川さんは午後から着替えるって話していたのに、制服のままだ。 入間人間『電波女と青春男 第06巻』より引用
  • 服を着替えるためいったん部屋に帰ったのち、午後七時前に再び部屋を出た。 万城目学『鴨川ホルモー』より引用
  • そのあと彼と、ここにいる二人の子供が着替えるために出ていって。 桜庭一樹『GOSICK 第6巻』より引用
  • 美千代は白い作業衣に着替えると、階段を下って四階の機械室にはいった。 荒俣宏『帝都物語5』より引用
  • 着替えるのも面倒になってきて、このまま寝てもいいつもりで壁に頭をつけた。 宮部みゆき『龍は眠る』より引用
  • どちらで着替えるにしても、弟の貞操を守ることは難しいのであった。 わかつきひかる『ふたかた』より引用
  • 家庭教師をして吟子のもう一つ困ったことは衣服を着替える場所であった。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • ある夜、霧子が寝巻に着替える手をとめて、三津枝のベッドの傍にきた。 三浦綾子『病めるときも』より引用
  • 彼の場合は着替えるのも面倒、と言うのだから、何をか言わんや、である。 小池真理子『猫を抱いて長電話』より引用
  • 本当なら一度家に戻って、いつものようにスーツに着替えるところだった。 村上春樹『国境の南、太陽の西』より引用
  • 今日は後出の三直担当で、これから作業衣に着替えるところだった。 荒俣宏『帝都物語5』より引用
  • パパはこれから着替えるから、お前はママと一緒に居間で待ってなさい。 奈須きのこ『歌月十夜 20 夢姫』より引用
  • 何度も繰り返さないとまともに眠りにつことなく、服を何着も着替える。
  • 着替える気にもならず、一樹はソファに寝ころんで天井を見あげていた。 宮部みゆき『鳩笛草(光文社文庫)』より引用
  • しぶしぶその着替える服を確認したのだが、確認して一分で頭痛を覚えた。 言乃葉『出席番号32番 衛宮』より引用
  • サラリーマンが仕事を終えたら、家に帰ってシャワーを浴びて着替える。 林真理子『ロストワールド』より引用
  • シャワーから出て新しい服に着替えると、気持ちがいくらか楽になる。 村上春樹『1Q84 BOOK3』より引用
  • それなら、木下君は一人で別の場所で着替えるっていうのはどうですか? 井上堅二『バカとテストと召喚獣 3.5』より引用
  • 次へ »