眼を瞑じ

17 の例文 (0.00 秒)
  • 幸次郎が出て行ったあとで、半七は又しばらく眼をじて考えていた。 ...
  • 滝人はじっと眼をじたまま、それなり動かなくなってしまったのである。 ...
  • 右手を敷いて枕とし、左手を自然に脇腹へ置き、眼をじ唇を閉じていた。 ...
  • 眼をじる時こう云ったと看護のある人が公開した。 ...
  • 眼をじて聴いていると、かれの笑い声などはどうしてもほんとうの女であった。 ...
  • 苦しいのか、面目ないのか、立木につながれた彼は眼をじたまま俯向いていた。 ...
  • と私は眼をじて黙祷もくとうした。
  • また幡江は、恐怖に眼を瞑じて廻転に任せているうち、いきなりその椅子を逆に廻したものがあったと云いました。 ...
  • 彼はスイッチをひねるとタオルをくわえて眼をじた。 ...
  • 掴まれた冬子はと見れば、不意の驚愕おどろき恐怖おそれとに失神したのであろう、真蒼まっさおな顔に眼をじて、殆ど息もない。 ...
  • そして、眼を瞑じ珠数を爪繰って語り出したのは、仄暗い霧の彼方でぼっと燃え上った、異様な鬼火だったのだ。
  • 「死骸が揚がってしまったので、もう来ないのかも知れませんよ」 「むむ」と、半七は薄く眼をじて考えていた。
  • 湯槽の中に身体を浸し、眼をじた。 ...
  • ですから、懐かしさ半分、怖さ半分で、言葉が咽喉にからまり、目の前に靄のようなものが現われて来て、もしやしたら、父は死んでいるのでないかと思うと、その顔に覗き込まれたように慄然ぞっとなって、もう矢も楯もなく、私はハッと眼をじてしまいました。 ...
  • しかしそれに引き換え室内の空気は、打てば金属かねのように響くかと思われるほどに緊張しきっていたが、法水のりみずは何か成算のあるらしい面持おももちで、ゆったりと眼をじ黙想にふけりながらも、絶えず微笑をうかべ独算気なうなずきを続けていた。 ...
  • 小柳は眼をじて立ち止まった。 ...