眼をそらさず

17 の例文 (0.00 秒)
  • かれの正視に対して、越前守もまた眼をそらさず、その唇元くちもとを見ていた。 ...
  • Dは眼をそらさず、 「あの貨車からは血の匂いがする」 と言った。
  • おふくは涙を溜めたまま、眼をそらさずに造酒蔵をみて、手を出した。 ...
  • それがはだかの少年のかたちをとってゆくときに、彼女はいつもほおをあからめて、眼をそらさずにはいられない。 ...
  • 小屋の前に立ち、じっと眼をそらさずにいる。 ...
  • 龕燈の光に、不意に男たちの顔が浮かんだり、刀が光ったりするのを、元司は眼をそらさずに見ていた。 ...
  • 君はそれから眼をそらさず、それに身をゆだねる。 ...
  • 四郎は、眼をそらさずに、惣角のその視線を受けた。 ...
  • 幸いなことに、アンヌはこんなふうに私を独占しなければならないとは思ってはいず、ただ眼をそらさずに私をみつめる以上はしなかったが、私は、話をするときに好む、無頓着むとんじゃくな、軽い調子を保ってゆくことが難かしかった。 ...
  • 奇異なものを見たおもいで私はをそらさずに居たが、トンボは、塀を越えたあたりで、力つきたように、ふらふらと落ちかかった。 ...
  • 杉本は眼をそらさず、両者はしばらく睨み合った。 ...
  • 二百余名の死体を積み重ね、Dがハイオク燃料をその上に撒く間、ロザリアは哀しげに、しかし、眼をそらさず非情な作業を見つめていた。 ...
  • ああいうやりかたで生きている青年もいるのだ、現実の恐怖から眼をそらさず、現実の汚辱から跳びたって逃れず、豚みたいに現実の醜く臭い泥に密着した腹をひきずり匍匐前進する。 ...
  • 雷雨をはらんだ沖合いから眼をそらさずに、彼女はまたその手をフィリップの手にかさねると、彼の思惑にはかまわずに、自分の利己的な快楽のために、ぎゅっと握りしめた。 ...
  • 御台所さまはそれを聞いて、ええず、泣き伏しておしまいになりましたが、尼御台さまは、なおも将軍家のお顔から眼をそらさず静かな御口調で、ご存じかの、とあのお方にお尋ねなさるのでした。 ...
  • 御台所さまはそれを聞いて、え堪へず、泣き伏しておしまひになりましたが、尼御台さまは、なほも将軍家のお顔から眼をそらさず静かな御口調で、ご存じかの、とあのお方にお尋ねなさるのでございました。 ...