眺め入り乍

5 の用例 (0.00 秒)
  • お志保はじつと眺め入り乍ら、寺住の身と思比べて居たらしいのである。 島崎藤村『破戒』より引用
  • 眺め入り乍ら、十二月の近いたことを思ひ浮べたのである。 島崎藤村『破戒』より引用
  • 眺め入り乍ら、互に山のことを語り合つた。 島崎藤村『破戒』より引用
  • 丑松は眺め入り乍ら、自分の一生を考へて歩いた。 島崎藤村『破戒』より引用
  • 眺め入り乍ら、自分の身の上と思ひ比べた。 島崎藤村『破戒』より引用