眺める目つき

6 の用例 (0.00 秒)
  • 伊庭は地図から顔をあげ、腕を組んで遠くを眺める目つきになっていた。 半村良『戦国自衛隊』より引用
  • デートしたい「隠れ美人」ではなく、残念な相手を眺める目つきに変わっている。 三上延『ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~』より引用
  • 彼らが自分たちの仕事の成果を眺める目つきには、微妙な、分析してみればそれぞれの日本人全部に共通するような、あるとらえがたい表情が含まれていた。 堀田善衞『広場の孤独』より引用
  • 夏貴を、知らない深海生物でも眺める目つきで見ている。 畠中恵『百万の手』より引用
  • やがて、ソプロスキンはゆっくりと、それとはわからぬほど微かにうなずき、どこか遠くを眺める目つきで低く言った。 ホーガン『巨人たちの星』より引用
  • それは吼えかかる野犬を眺める目つき。 虚淵玄『Fate/Zero Vol.3 「散りゆく者たち」』より引用