眺める

全て 動詞
7,283 の用例 (0.01 秒)
  • だから頬辺ばかりを眺めると、二十歳以下なのが二十五六歳にも見える。 豊島与志雄『春』より引用
  • 彼らを自然に眺めるにはやはり渓へ行かなくてはならなかったのである。 梶井基次郎『交尾』より引用
  • 彼等を自然に眺めるにはやはり渓へ行かなくてはならなかったのである。 梶井基次郎『梶井基次郎全一巻』より引用
  • 深い闇のなかから遠い小さな光を眺めるほど感傷的なものはないだろう。 梶井基次郎『梶井基次郎全一巻』より引用
  • 幅三間を室内のタタミの上で眺めるとずいぶん長い距離のように見える。 坂口安吾『明日は天気になれ』より引用
  • この点において主観的なる愛そのものを一歩離れて眺める事ができます。 夏目漱石『創作家の態度』より引用
  • あたしが眺めると、なんだかお前の顔がはっきり見えないみたいなのよ。 ビアス『ビアス怪異譚(1)』より引用
  • 語りようもなければたずねようもないものがあるので水や木を眺める。 開高健『ロマネ・コンティ・一九三五年 六つの短篇小説』より引用
  • 護堂が窓の外を眺めると、ちょうど小さな影が飛んでいくところだった。 丈月城『カンピオーネ! 01 神はまつろわず』より引用
  • 私たちは謙遜に偏見なしに自分たちのおかれている周囲の現実を眺める。 宮本百合子『暮の街』より引用
  • それでも時々表へ出ては勝負の札を眺める、さうだな何遍位見るだらう。 牧野信一『〔編輯余話〕』より引用
  • こちらからながめるとただ一筋の黒い河が山を裂いて流れるように見える。 夏目漱石『趣味の遺伝』より引用
  • ぼくは、視線のやりばに困るから、船尾のほうを眺めるふりをしている。 田中英光『オリンポスの果実』より引用
  • 和男を好奇な視線で眺める同僚たちの胸の内を、彼はようやく理解した。 鈴木光司『仄暗い水の底から』より引用
  • 人と人との煩瑣な関係に於ても、彼我を越えた心と心との有様を眺める。 宮本百合子『透き徹る秋』より引用
  • 今のおれはその写真を、もう、違和感なしに眺めることはできなかった。 筒井康隆/横尾忠則『美藝公』より引用
  • それを遠くから眺めると、秋の白い光を受けてそれが雲母うんものように光った。 相馬泰三『田舎医師の子』より引用
  • むしろこれを利用して街上の光景を眺めることを喜んでいたからである。 永井荷風『濹東綺譚』より引用
  • 東京湾の変遷を地図の上で眺めるだけで、想像力は刺激されてしまう。 鈴木光司『仄暗い水の底から』より引用
  • そしてそこにあった写真を丁寧に一枚ずつ取り上げて静かに眺めるのだった。 有島武郎『或る女』より引用
  • 次へ »