眺め

全て 動詞 名詞
52,862 の用例 (0.02 秒)
  • そしてそのとたん、気がついたように眼をあげてあたりを眺めまわした。 有島武郎『星座』より引用
  • こう考えて彼が大阪の空を眺めた時に大阪の煙も空の空なるものであった。 賀川豊彦『空中征服』より引用
  • そのあいだ、外記はうっとりとした眼をあげて黙って天井を眺めていた。 岡本綺堂『箕輪心中』より引用
  • 父親は始めて手を休めて不思議そうに為吉の顔をしげしげとながめました。 加能作次郎『少年と海』より引用
  • 一二日ぼんやり机の上を眺めてゐたが厭になつて原稿を破ぶいて了つた。 葛西善蔵『浮浪』より引用
  • それが当然であると思っているかのように、藤助は黙って眺めていた。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • 堯はそれをこれまでついぞ眺めたことのない新しい感情で眺めはじめた。 梶井基次郎『冬の日』より引用
  • 或冬曇りの午後、わたしは中央線ちうあうせんの汽車の窓に一列の山脈を眺めてゐた。 芥川竜之介『雪』より引用
  • 彼は鼻を鳴らしながら、しばらくはただぼんやりと岩の天井を眺めていた。 芥川竜之介『素戔嗚尊』より引用
  • そこで彼は始めて被害者の頸のうしろに於ける銃創を眺めたのであった。 海野十三『地獄の使者』より引用
  • 彼は寝衣ねまきかわかしやうのないのに困つて、ぼんやりと窓外まどそとながめて居た。 葛西善蔵『哀しき父』より引用
  • 眉をひそめて、それを眺めていると見て、男はそれを指しながらいった。 岡本かの子『富士』より引用
  • 余り嬉しくってじっと黙って眺めているだけでは我慢が出来ませんでした。 大倉燁子『鉄の処女』より引用
  • わたくしはそこで対岸たいがんのおしろ最後さいごあがるのをながめたのでございます。 浅野和三郎『霊界通信 小桜姫物語』より引用
  • 生徒の方でも目引き袖引きして此の名も知らぬ若い教師を眺めた。 石川啄木『道』より引用
  • そしていつもそんな崖の上に立って人の窓ばかりを眺めていなければならない。 梶井基次郎『ある崖上の感情』より引用
  • これを橋の上から眺めているのは私だけではございませんでした。 上村松園『京の夏景色』より引用
  • そしてこちらの自分は月のような位置からその自分を眺めている。 梶井基次郎『泥濘』より引用
  • 来る日も来る日も、彼女は日の暮れがたになると、その鴉の群を眺めた。 モーパッサン・ギ・ド『初雪』より引用
  • 父親は少し離れて佇みながら此愛すべき二人を眺めて微笑を洩してゐる。 ゴーチェ・テオフィル『クラリモンド』より引用
  • 次へ »