眷族

全て 名詞
233 の例文 (0.00 秒)
  • この狸は通称を団九郎と云ひ、眷族では名の知れた一匹であつたさうな。 ...
  • 凛子は、神社ひとつにつき最低ふたりの御眷族がついていると言っていた。 ...
  • おれたちの六親眷族ろくしんけんぞくはみんな貴様たちの手にかかって死んだのだ。 ...
  • あたくしたち、星たちの眷族カルサール・グリューラクのふりをしてどんな得があるのかしら?
  • しかし三〇〇年ばかり前に、神や我々〈眷族ケンゾク〉の前から隠れたのだ。 ...
  • それにいては沢山たくさん眷族けんぞく使つかつて、三人さんにんやつ引戻ひきもどしてねばなりませぬ。
  • で、女のは生長するのを待って結婚する、男のは自分達の眷族けんぞくにしてしまう。 ...
  • またドールとの戦いで消滅し掛けていた加藤を、刹那は眷族として蘇らせた。 ...
  • 死の感覚を知っている生物は、おそらく、自分たち御眷族だけだろうとも考えている。 ...
  • お前はなにも知らなくとも、お前の血肉は我々眷族の気魄きはくを覚えているからだ。 ...
  • もしそうだとすると、星たちの眷族カルサール・グリューラクにしては恥ずべき欲望である。 ...
  • せやけど、どうも眷族が減っとる理由はほかにあるらしいんよ。 ...
  • わしはお前のため、宰相ワジールとご眷族のため、身代りの役に立って進ぜよう。 ...
  • この学園に潜入した悪魔は眷族である彼女達を含めて七体。 ...
  • 御眷族は身体が人間のもののはずだが、やはり普通の人間とは気力も回復力も違うのだろうか。
  • 秀次の首は三条河原で晒し首とされ、その際に眷族も尽く処刑された。 ...
  • お前は眷族と神の力がなければただのしぶとい人間だ。
  • 次へ