眩しい

全て 形容詞
1,457 の用例 (0.01 秒)
  • 白い眩しい光を浴びた男は微かに伊三次に向けて笑ったような気がした。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 紫紺のつばめ』より引用
  • 僕はそこでまともな子供の多いのにまぶしくて眼をあけていられなかった。 小島信夫『アメリカン・スクール』より引用
  • 源次の眼に印象的に残ったのは、その女のまぶしいようなしりの白さだった。 松本清張『陸行水行 別冊黒い画集2』より引用
  • むこうはわたしの上前方にいて、しかも眩しい太陽を背にしていたのよ。 P・J・ファーマー『階層宇宙の創造者』より引用
  • 日の光が眩しいのか、わずかに首を振るような動作をすることもあった。 海月ルイ『子盗(と)り』より引用
  • あっ、まだ眩しいと一瞬思ったが、それは正面に太陽があるからだった。 高千穂遙『ダーティペアシリーズ02 ダーティペアの大逆転』より引用
  • 現実を知った八歳の時、鉄は以前のように眩しい存在ではなくなった。 奈須きのこ『空の境界 (上)』より引用
  • かつてこんなにまぶしいわが家をみた記憶が、私にはなかったからである。 三浦哲郎『忍ぶ川 他』より引用
  • 手にした黒い指揮棒のような杖の頭部には、まぶしい水晶球がついていた。 ジェイムズ・ブリッシュ『08 パイリスの魔術師』より引用
  • しかしそんなに眩しいのはその緑色の葉のせいばかりではないかも知れない。 堀辰雄『鳥料理』より引用
  • しかしそんなに眩しいのはその緑色の葉のせゐばかりではないかも知れない。 堀辰雄『鳥料理』より引用
  • その精悍な顔は演技のようにもみえたが、どこか眩しいところがあった。 内田隆三『社会学を学ぶ』より引用
  • 白く大きな鳥が群れをなして飛びながらまぶしい頭上を通過していく。 伊島りすと『ジュリエット』より引用
  • まぶしいばかりの緑のトンネルは失われ、いつかバス路線も廃止された。 坂東眞砂子『身辺怪記』より引用
  • 頭上の太陽は、こうしているだけで気持ちがよくなるほど眩しかった。 奈須きのこ『歌月十夜 01 本編』より引用
  • だけどこの青空は、もうじっと見てもそれほど眩しくはなくなっている。 尾克彦『父が消えた 五つの短篇小説』より引用
  • 空は雲ひとつなく、その青さもその下できらきら光る雪の表面も眩しい。 森永あい『原作/塚本裕美子 著 山田太郎ものがたり たのしいびんぼう』より引用
  • 暗い道を歩き続けて来たせいか、その店のネオンが、ひどくまぶしかった。 西村京太郎『歪んだ朝』より引用
  • 小鳥はまぶしいほどの黄色い腹をして、黒いしまのある灰色の翼をしていた。 ケッセル/堀口大學訳『昼顔』より引用
  • 街に出てみると、太陽の光がまぶしくてかれは一瞬何も見えなかった。 ジェイムズ・ブリッシュ『03 地球上陸命令』より引用
  • 次へ »