眩い

全て 形容詞 動詞
685 の用例 (0.01 秒)
  • いつから自分はこんな、不幸を目眩めくるめくものとする習慣が身についたのか。 岩井志麻子『黒焦げ美人』より引用
  • ハムスターの一匹が、決して口にしてはならなかった言葉をつぶやきました。 田中ロミオ『人類は衰退しました 02』より引用
  • 決して誰にも聞かれてはならないはずの声を、少女は口の中で眩いた。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第03巻』より引用
  • 村井さんは一人言の様にそう言い、少し眩しげに目を細めて遠くを見た。 辻内智貴『セイジ』より引用
  • 何を話しかけられてもまぶしそうな眼つきで棒になる自分を想像した。 松本清張『空の城』より引用
  • その眩しさに耐えられなくなったカークは、隣のスポックを振り返った。 ロッデンベリイ『スター・トレック5/新たなる未知へ』より引用
  • 指のあいだから、れた黒い花のような眼で、お眩は丈馬を見ていた。 山田風太郎『忍法陽炎抄』より引用
  • 名にまどわされず実を取るためにも、私は名を伏せて欲しいと望むのだ。 平岩弓枝『江戸の娘』より引用
  • 光に眩い彼の瞳には、案の如く一人の若者の姿が、殆ど正面に映った。 宮本百合子『古き小画』より引用
  • 眩しさに目が慣れてきた頃、黒く影となって照明の間に立つ茂が見えた。 牧野修『スイート・リトル・ベイビー』より引用
  • 唯何も分らぬ点が人々をして価値あるものの如くに眩視せしめるのである。 松永延造『職工と微笑』より引用
  • あまりにも錯綜する戦場の気配に、眩量めまいのようなものを感じていたからだ。 富野由悠季『オーラバトラー戦記 11 ハイパー・ホリゾン』より引用
  • 健康的けんこうてきな彼女の笑顔えがおは、今日きょうも太陽のまぶしさで竜児りゅうじの心を一気に照らす。 竹宮ゆゆこ『とらドラ! 第02巻』より引用
  • しかし今の私には、その通りの光は少しまぶしすぎるような気がした。 沢木耕太郎『一瞬の夏』より引用
  • 源三郎が熱心に訊いてくる東吾の顔をみてまぶしそうな目をした。 平岩弓枝『御宿かわせみ 26 長助の女房』より引用
  • 外にでると刑事は扉をとざし、丹那は眩しげに周囲を眺め廻わしていた。 鮎川哲也『戌神はなにを見たか』より引用
  • 星の光に満たされた剣が、宙に眩い軌跡を引きながら撃ち出されていく。 九里史生『SAO Web 0407 第八章02』より引用
  • しかしファナティオの剣から放たれた光は、青いくらいに眩い白だった。 九里史生『SAO Web 0404 第七章01』より引用
  • 管理人も新聞記事を読んでいたとみえ、小野木にはまぶしそうな目をしていた。 松本清張『波の塔(下)』より引用
  • 朝の眩しさから逃れるため、寝る時はいつも黒い目隠しをして寝ていた。
  • 次へ »