眠気を覚ます

18 の用例 (0.00 秒)
  • いつもならすぐに眠気を覚ましてくれる太陽の光も、今日は心もとなかった。 花鳳神也『死神とチョコレート・パフェ 2』より引用
  • オリアナは眠気を覚ますように首を振ると、両手でズボンを下ろした。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第09巻』より引用
  • 眠気を覚ますため、先輩の飲み物はコーヒーにしようと決めた。 松野秋鳴『えむえむっ! 第04巻』より引用
  • 外の空気を入れて眠気を覚ましたかった。 奥田英朗『邪魔』より引用
  • 雪と夜の寒さには参ったが、茶の葉をかんで眠気を覚ましたり、ソ連人の民家の間をすり抜けたりしながら、計画通り七日目にアムールの岸に出ることに成功した。 御田重宝『シベリア抑留』より引用
  • 眠気を覚まそうとホールに出ると、あれあれ、くだんの彼氏が待ち構えていたかのように近づいてくる。 呉善花『恋のすれちがい』より引用
  • 女はそう言って、眠気を覚まそうとまばたきをした。 宮部みゆき『模倣犯 上』より引用
  • 健康面への問題が認識され社会問題化し法規制が敷かれる以前は、現在の覚せい剤として指定されている成分を含んだ薬品は、疲労倦怠の状態から回復させ眠気を覚ますための薬品として販売されていた。
  • 健康面への問題が認識され社会問題化し規制が敷かれる以前は、取締法において指定されている成分を含んだ薬品は、疲労倦怠の状態から回復させ眠気を覚ますための薬品として販売されていた。
  • 荒尾はバスに入り、まだ残っている眠気を覚ました。 荒巻義雄『「能登モーゼ伝説」殺人事件』より引用
  • 早寝早起きの健康的な生活を満喫まんきつする彼女だったが、眠気を覚ますように瞳をまたたくその表情は、あまり元気がない。 吉野匠『レイン5 武闘会、開幕』より引用
  • 中山は、立ち上ると、眠気を覚まそうとでもするように、頭を左右へかしげながら、ゆっくりと部屋の中を歩いた。 赤川次郎『天使は神にあらず』より引用
  • 私は、ふっと、睡魔に襲われ、眠気を覚ますために、煙草をくわえて、火を点けた。 西村京太郎『夜が待っている』より引用
  • 眠気を覚ますより、二時間でも眠りたい。 野沢尚『龍時(リュウジ)01─02』より引用
  • なお、この時報のどなりには岡村いわく裏テーマがあり、長い2時間の深夜放送で眠くなってしまうリスナーの眠気を覚ますための行動であるらしい。
  • 「ねぶながし」の語源は、元禄時代、子供たちが旧暦の七夕の晩に「ねふねふ流れ、豆の葉にとまれ」と囃して歩き、眠気を覚ましたことに由来すると言われている。
  • 浮名はようやく眠気を覚ました。 五百香ノエル『骸谷温泉殺人事件』より引用
  • 上出は、眠気を覚ますため、煙草を銜えた。 池上司『八月十五日の開戦』より引用