眠ろうとつとめ

17 の例文 (0.00 秒)
  • かれは眠ろうとつとめ、やっとのことで成功した。
  • 舟をまっすぐ進ませるために、ふたりの上帝が櫂の番につき、そのあいだにほかのものは眠ろうとつとめた。 ...
  • 私は眠ろうとつとめたけれど、眠れませんでした。 ...
  • しばらく、彼は目をとじて、眠ろうとつとめたが、さすがにそこまでは図々しくはなりきれなかった。 ...
  • 「今日はアフリカから手紙が来る日だが、忘れはしまいな」とアトスは眠ろうとつとめながら、召使い達にこう声をかけた。 ...
  • 中では判事の三人の妻と子どもたち、女中たちが、枕やふとんを集めたなかで体を丸め、なんとか少しでも眠ろうとつとめていた。 ...
  • そして眠ろう眠ろうとつとめたあげく、とうとう眠りにおちた。 ...
  • それでも一時間あまり、私は必死となって、眠ろうとつとめたが、あせればあせるほど頭がえて来るのと、急に煙草がのみたくなったのとでとうとうあきらめてソファのうえに起き直った。 ...
  • このころ、ベッドの上で眠ろうとつとめたが、あれを想いこれを考えしてついに眠りをはたさなかった朝日新聞柴田記者は、いったん休憩に入り閣僚たちが散っていったあとの首相官邸に戻ってきていた。 ...
  • そして、みじめな思いで眠ろうとつとめた。 ...
  • ふたりはまどろんだが、たがいに眠れずにいることがわかって、もう一度交わり、それからまた眠ろうとつとめた。 ...
  • ふたりとも疲れきり、眠ろうとつとめているのに、まるで無意識というトランポリンから覚醒という空中へととびあがるようなかっこうで、たえず目がさめるのだ。 ...
  • ほかの者にとっては、横になってぐったり眠ろうとつとめ、苦しそうに呼吸しながら、おのれの身体の重荷から逃がれて休める新たな場所を探し求める時間だったけれども、ザッカー・バーストウは責任感にかりたてられていた。 ...
  • ルイスは眠ろうとつとめた。 ...
  • 布団をひっかぶって、眠ろうとつとめた。 ...
  • イシュトヴァーンは、おちつかなげに身動きし、眠ろうとつとめ、不安にかられて目をひらき、またとじた。 ...