眠れる者

14 の用例 (0.00 秒)
  • 権利の上に眠れる者は保護しない、これが法律の精神だ。 神林長平『七胴落とし』より引用
  • そしてその歌は、肝心なものと眠れる者とを躍動させるのでした。 佐藤正彰訳『千一夜物語 05』より引用
  • 眠れる者の顔をあらためながら、自分たちの隠された歓びを探しながら。 ウルフ/西崎憲編訳『ヴァージニア・ウルフ短篇集』より引用
  • 全ての道は今や湖へ、そして<眠れる者>へと通じているのだ。 クーパー『(闇の戦い3)灰色の王』より引用
  • だが思うに、そろそろ眠れる者どもは目覚め、羊飼は自分の杖をしっかりとつくべき時だね。 佐藤正彰訳『千一夜物語 06』より引用
  • 蒼白い顔を喜びに輝かせて<眠れる者>たちを見ていた。 クーパー『(闇の戦い3)灰色の王』より引用
  • なぜなら、危機にひんしているのは黄金の琴の探索と<眠れる者>のめざめだけではない。 クーパー『(闇の戦い3)灰色の王』より引用
  • 固まった妄想は眠れる者を麻痺させて、身体の上に乗りかかって息苦しくし、犯そうとする。 酒見賢一『語り手の事情』より引用
  • 素人同然の高校生たちは興奮して双葉アオイを除いては眠れなかったし、メイドたちでさえ緊張したり警戒したりで眠れる者は皆無に等しかったのに。 神野オキナ『あそびにいくヨ!第03巻』より引用
  • 眠れる者が行けるとされるドリームランドに顕現する水蜥蜴の姿をした神で、イブのスーム=ハーによって崇拝されていた。
  • そして、目ざめ乗り出した<眠れる者>たちは湖の上高く飛翔し、タル・ア・フリン山道に集まった夕闇の奥へと遠ざかって行き、ついに谷を出て彼方へと消え、見えなくなってしまった。 クーパー『(闇の戦い3)灰色の王』より引用
  • そして、<眠れる者>に乗り出され、ブラァンに危害を加える最後の望みを絶たれた今、灰色の王は戦いを諦めた。 クーパー『(闇の戦い3)灰色の王』より引用
  • 「探索の最初の危険は突破された、<古老>よ、だが本当に危険なのはこれからだ」 「<眠れる者>たちを起こさなきゃならないんだね」ウィルが言った。 クーパー『(闇の戦い3)灰色の王』より引用
  • 「だが、<眠れる者>どもを求めつづければ、余はそのほうを滅ぼし、金の琴をも滅ぼすであろう」 「むだだ」ウィルは言った。 クーパー『(闇の戦い3)灰色の王』より引用