眠れる美女

46 の用例 (0.00 秒)
  • 眠れる美女がハイム人の胸にどんな考えをよびさましたかはわからない。 バローズ/佐藤高子訳『戦乱のペルシダー』より引用
  • 稲垣が、どんな手段を使って眠れる美女を手に入れたのかは分らない。 山田正紀『氷河民族(流氷民族)』より引用
  • よく考えてみれば、眠れる美女がそんな所に身を隠せるはずがないのだった。 山田正紀『氷河民族(流氷民族)』より引用
  • 聡子が知らなくて当然だが、私はすでに眠れる美女に関わりあいになっていた。 山田正紀『氷河民族(流氷民族)』より引用
  • 眠れる美女もかつてあの船に隠れていたのだとしたら、その名を記した紙片をコートのポケットに入れていても、なんの不思議もなかった。 山田正紀『氷河民族(流氷民族)』より引用
  • 江口の中で再び「眠れる美女」と無理心中することや悪の妄念が去来した。
  • 神谷が眠れる美女について何かを知っていそうだと直感しはしたが、まさかこれほど事情に通じているとは想ってもいなかったのである。 山田正紀『氷河民族(流氷民族)』より引用
  • だが、どうかした拍子に、フッと眠れる美女の裸身が頭に浮かぶ時がある。 山田正紀『氷河民族(流氷民族)』より引用
  • もしかしたら、早野は眠れる美女を愛していたのかもしれない。 山田正紀『氷河民族(流氷民族)』より引用
  • それでは稲垣が誘拐させた齢をとらない人間というのは、あの眠れる美女のことだったのか。 山田正紀『氷河民族(流氷民族)』より引用
  • 誰もが眠れる美女で、長い睡眠のあとで気分一新して目をさますことに、存在そのものがかかっている。 ブロック『アーカム計画』より引用
  • いや、須藤に関係する一連の事件が、あの眠れる美女になにかつながりがある、と考えるのがそもそも間違いかもしれないのだ。 山田正紀『氷河民族(流氷民族)』より引用
  • あの眠れる美女がどんな秘密を擁しているのか。 山田正紀『氷河民族(流氷民族)』より引用
  • 須藤は、眠れる美女に関してのなんらかの情報を手に入れることができないか、と考えて西村研究室に出かけた。 山田正紀『氷河民族(流氷民族)』より引用
  • どうでもいいことを口にしたのは、なにかしゃべっていないと、眠れる美女はやはり吸血鬼だったのか、という想いにうちひしがれてしまいそうだったからだ。 山田正紀『氷河民族(流氷民族)』より引用
  • 私は眠れる美女に眼をやった。 山田正紀『氷河民族(流氷民族)』より引用
  • 鹿島さんも、眠れる美女なんかに関わったりしないことね。 山田正紀『氷河民族(流氷民族)』より引用
  • 日本でも川端康成が小説『眠れる美女』でシュナミティズムの秘密クラブの世界を描いている。
  • 部屋の隣には鍵のかかる寝部屋があり、深紅のビロードのカーテンに覆われた「眠れる美女」の密室となっていた。
  • しかし、これは単純に、彼は、マンションを借りて眠れる美女をかくまっているうちに、しだいに亜人類に同情を寄せるようになったのだ、と考えれば納得できる。 山田正紀『氷河民族(流氷民族)』より引用
  • 次へ »