眠れる獅子

24 の用例 (0.00 秒)
  • 酔いにまかせて沈黙の淵に沈み、樋口さんに背負われていた羽貫さんへは、周囲から「眠れる獅子しし」の称号が奉られていましたが、にわかに目覚めるや他人の麦酒を「おまえのものも俺のものー」と言って見境なく飲みまくり、「先斗町最高」と叫んで私のほっぺたを舐めました。 森見登美彦『夜は短し歩けよ乙女』より引用
  • そこで「眠れる獅子」タミヤが、「速さ」と「美しさ」という相反する目標を両立するべく、全精力を傾けて開発したマシンがアバンテである。
  • 眠れる獅子ししは、打たれてめた。 大佛次郎『赤穂浪士(下) 〓あり』より引用
  • 関東軍の高級参謀板垣征四郎大佐、作戦主任参謀石原莞爾中佐、奉天特務機関花谷正少佐、張学良顧問今田新太郎大尉らの名前が、『眠れる獅子』にはあげられている。 豊田穣『松岡洋右――悲劇の外交官――(上)』より引用