眠れるヴィーナス

10 の用例 (0.00 秒)
  • ミキエルの『美術品消息』には『眠れるヴィーナス』は未完成の作品で、さらに背景にはキューピッドが描かれていたが、キューピッドは後に修復されたときに消され、未完成のまま残されたこの絵画をジョルジョーネの死後にティツィアーノが完成させたという記録がある。
  • ティツィアーノが加筆した部分は背景の風景と空で、ボッティチェッリの作品に見られるような、森と星明かりに囲まれた女神を表現しており、ティツィアーノ自身も『眠れるヴィーナス』に触発された『ウルビーノのヴィーナス』を描いている。
  • 数百点にのぼる美術品を失うことに憤ったソ連の美術史家やキュレータたちは、「ドレスデンにあった世界的な宝物をかつて保護し、今回返還する代償として」この『窓辺で手紙を読む女』とジョルジョーネの『眠れるヴィーナス』をソ連に譲渡するようドイツに働きかけた。
  • ヴィーナスのポーズはジョルジョーネの『眠れるヴィーナス』を模倣したものと言われるが、ティツィアーノはさらに官能性を追求した作品に仕上げている。
  • ミキエルは『三人の哲学者』はセバスティアーノ・デル・ピオンボが、『眠れるヴィーナス』はティツィアーノが、それぞれジョルジョーネの死後に完成させたと書いている。
  • エルミタージュ美術館の『ユディト』は長い間ラファエロの作品と見なされており、『眠れるヴィーナス』はティツィアーノの作品とされていた。
  • アングルは、ジョルジョーネの『眠れるヴィーナス』やティツィアーノの『ウルビーノのヴィーナス』のような作品を横たわる裸の人物の霊感として利用したが、ただし横たわっている、肩ごしにふり返っている人物の実際のポーズは、1800年のジャック=ルイ・ダヴィッドの『マダム・レカミエの肖像』をもとに描かれた。
  • その5点の絵画とは『テンペスタ』、『三人の哲学者』、『眠れるヴィーナス』、『矢を持つ少年』、そして異論も出ているが『フルートを持つ歌手』である。
  • イタリアの画家たちが描いた裸体のヴィーナス、たとえばジョルジョーネの『眠れるヴィーナス』、ティツィアーノの『ウルビーノのヴィーナス』などである。
  • この絵が影響を受けている絵画とはティツィアーノの『ヴィーナスとキューピッドとライチョウ』、『 ヴィーナスとオルガン奏者とキューピッド』、特に『ウルビーノのヴィーナス』、ヴェッキオの『横たわる裸婦』、ジョルジョーネの『眠れるヴィーナス』などである。