眠れるわけ

26 の用例 (0.00 秒)
  • 役目は果たした、やるべきことはやった、と枕を高くして眠れるわけか? 小野不由美『屍鬼(下)』より引用
  • これで大阪に着くまで、誰にも邪魔されずに眠れるわけである。 西村京太郎『寝台急行「銀河」殺人事件』より引用
  • 「眠れるわけないか」昭夫は上半身を起こし、首を前後左右に動かした。 東野圭吾『赤い指』より引用
  • あんな怪談話を耳にした後、とても一人でホテルルームで眠れるわけはなかった。 森瑤子『彼と彼女』より引用
  • いくら奈々子だって、湖面に揺れるボートの中じゃ、眠れるわけがない。 赤川次郎『南十字星』より引用
  • 軽く笑みを返しながら、眠れるわけはないなと思った。 奥田英朗『邪魔』より引用
  • 目を閉じたが、眠れるわけのものではなかった。 大塚公子『死刑囚の最後の瞬間』より引用
  • 人を殺すというのに眠れるわけはない。 峰隆一郎『殺人特急逆転の15分』より引用
  • 叱りつけてから、この騒ぎでは眠れるわけがなかったと気がつく。 井上祐美子『五王戦国志7 暁闇篇』より引用
  • 眠らなくてはいけないと思い、もう一方で、とうてい眠れるわけがないじゃないかと思っていた。 山口瞳『人殺し(下)』より引用
  • 目を閉じても眠れるわけでもなく、不安いっぱいの僕にとって、正子との会話がどれだけ地獄で仏とでも言うべき気晴らしになったことか。 江川卓『たかが江川されど江川』より引用
  • かといって眠れるわけでもない。 内田康夫『贄門島(にえもんじま)上』より引用
  • こんな硬いベッドと黴臭かびくさい毛布じゃ眠れるわけないと思っていたのに、どうやら三時間ぐらいは気を失っていたようだ。 山本文緒『きっと君は泣く』より引用
  • そう考えはじめると眠れるわけがない。 峰隆一郎『人斬り弥介 第02巻 平三郎の首』より引用
  • 彼女が眠れるわけはないのだ。 峰隆一郎『殺人特急逆転の15分』より引用
  • 目をつぶってはみたが、もとより眠れるわけもなかった。 山本有三『路傍の石』より引用
  • そんなの眠れるわけないじゃない。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第06巻 取り換えられたプリンセス』より引用
  • こんな時間に眠れるわけがない。 橋本紡『半分の月がのぼる空 第01巻』より引用
  • こんな状況で眠れるわけがない! 川原礫『アクセル・ワールド 02 -紅の暴風姫-』より引用
  • しかし、今日はくるか、いつくるか、などと考えていては眠れるわけはなく、深刻な睡眠不足に陥った。 藤原正彦『若き数学者のアメリカ』より引用
  • 次へ »