眠れる

全て 動詞
1,216 の用例 (0.02 秒)
  • 眠れるはずがないと思ったのに、よく眠った自分を不思議に思ったのだ。 荻原規子『西の善き魔女外伝3 真昼の星迷走』より引用
  • この怪我で一体どんな夢を見ればこんな安らかな表情で眠れるのだろう。 事務狂『fate/stay night 月姫 (TYPE MOONクロスオーバーの最高峰、文庫5~6巻のボリューム)』より引用
  • おかげで刑事部の何人かの有能な刑事は、安心して眠れるようになった。 ドイル/鈴木幸夫・鮎川信夫・内田庶・中尾明訳『シャーロック・ホームズ全集(下)』より引用
  • 眠れるかどうかわからないが、朝までずっと目を閉じていようと思った。 奥田英朗『邪魔』より引用
  • だが、眠れる龍たちがこのまま起きずとも何ら問題はないと思っている。 雪乃紗衣『彩雲国物語 外伝 2 藍より出でて青』より引用
  • ガバッと飲んで横になれば、東京まで死んだように眠れるかもしれない。 上坂冬子『おんなの一人旅』より引用
  • これを全て解放するその時まで、彼女が眠れる時はないように思えた。 雨木シュウスケ『レジェンド・オブ・レギオス 第03巻 レギオス顕現』より引用
  • 結論が出たんだから、スッキリ眠れると思ったが、そうはならなかった。 山口瞳『草競馬流浪記』より引用
  • そうして私はこれからさきいつになったら、ほんとうに眠れるのでしょう。 浜尾四郎『悪魔の弟子』より引用
  • 彼は内科医の出した軽い薬で、なんとか一週間ほどは眠れるようになった。 浅野誠『ビジネスマンの精神病棟』より引用
  • 眠れるような状態でないときは起きていたほうがいいというのが彼の考え方だった。 新田次郎『孤高の人』より引用
  • いつものようにまた寝なおせば、今度は朝までぐっすりと眠れるはずだ。 秋田禎信『ひとつ火の粉の雪の中』より引用
  • ぼくも彼女がどこにやすんでいるかわかれば、いまよりずっとよく眠れる。 E・E・スミス/川口正吉訳『宇宙のスカイラーク』より引用
  • 役目は果たした、やるべきことはやった、と枕を高くして眠れるわけか? 小野不由美『屍鬼(下)』より引用
  • この退屈な手順に慣れると、酒がなくても眠れることをおれは発見した。 中島らも『今夜、すべてのバーで』より引用
  • こんな状況下において人間は眠れるものなのだな、と自分でも感心したほどだ。 森博嗣『G 04 εに誓って (講談社ノベルス)txt形式』より引用
  • この手が地上から消えない限り、眠れる夜もルーンには訪れないのだ。 荻原規子『西の善き魔女3 薔薇の名前』より引用
  • 眠れる人間二人を前にして何もしない貴族は、かえって恐ろしかった。 菊地秀行『吸血鬼ハンター11c D-ダーク・ロード3』より引用
  • それ丈お疲れになるということですが、それにしろ眠れるのは助かります。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • このベッドはよく眠れる人にはほんとうに貴重なものであったにちがいないんですが。 原田義人『城』より引用
  • 次へ »