眠りを覚ます

20 の用例 (0.00 秒)
  • 灯をけることによって、祥子の眠りを覚ますことを恐れたのである。 森村誠一『分水嶺』より引用
  • 不意に眠りを覚まされて、二人の覆面の男が自分の上にかがんでいるのを見た。 クリスティ/松本恵子訳『ゴルフ場殺人事件』より引用
  • 求めてその眠りを覚ましたものは、あるいはシロウズ自身かもしれなかった。 光瀬龍『たそがれに還る』より引用
  • その朝の浅い眠りを覚ました不思議な夢も、思い入った心には神の御告げに違いなかった。 有島武郎『クララの出家』より引用
  • ねむりを覚まされたように振動しんどうが、硝化しょうかの森をわずかに揺らしてみせた。 秋田禎信『エンジェル・ハウリング 第02巻 「戦慄の門 from the aspect of FURIU」』より引用
  • だがしかし、その深い眠りを覚まさせたものがあったのだ。 光瀬龍『たそがれに還る』より引用
  • 突如、彼等の前に湖から眠りを覚まされたバランが出現し、集落を破壊する。
  • だが、そんなやさしい起こし方では鬼婆の眠りを覚ますことはできなかった。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 05 目明し編』より引用
  • いざ蓋を開けようとしたその時、あの怪物の眠りを覚ましてしまったのである。 乙一『平面いぬ。』より引用
  • その眠りをます列車のひびきは、まだしばらくやって来ない。 赤川次郎『過去から来た女』より引用
  • 六朝楷書がその眠りを覚まされたのは、実に1200年以上も後の清代のことである。
  • あくる朝、暁の光が彼の眠りを覚ましたとき、床の上に寝ている自分を彼は見出した。 スタンダール/大久保和郎訳『赤と黒(上)』より引用
  • 笛師の喜仁は検非違使庁から出向いたという男たちに眠りを覚まさせられた。 福永武彦『風のかたみ』より引用
  • 聞いた話では、村を通り越して遠くの牧師館まで聞こえ、人々の眠りを覚ましたという。 ドイル・アーサー・コナン『まだらのひも』より引用
  • それでも、くぐもった電話のベルは、眠りを覚ますに充分だった。 池上司『八月十五日の開戦』より引用
  • うっかり電灯をけると、せっかくの眠りを覚ましてしまうおそれがある。 森村誠一『致死家庭』より引用
  • 水草の間で休んでいた魚が、ねむりを覚まされ、慌てて泳ぎ去った。 山本弘『サーラの冒険 奪うことあたわぬ宝』より引用
  • グレナヴァンはそこで彼の腕を取り、眠りを覚まさないようにして彼の穴へ連れもどしてやり、ゆっくり寝られるように埋めてやった。 ヴェルヌ/大久保和郎訳『グラント船長の子供たち(上) 地の果ての燈台』より引用
  • その永い眠りを覚ました警報はなんだと思いますか? 光瀬龍『たそがれに還る』より引用
  • 二度と眠りを覚ましたりしないわ。 赤川次郎『怪奇博物館』より引用