眠りに就く

78 の用例 (0.00 秒)
  • どこかで眠りに就く前に、天吾に言っておくべきことを思い出したのだ。 村上春樹『1Q84 BOOK1』より引用
  • この時間帯になると、学園都市の交通機関はほとんど眠りに就いている。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第08巻』より引用
  • 再生したガルバトロンとの戦いで自らを犠牲とし再び深い眠りに就いた。
  • 気絶したままねむりにいた圭一さんには時間の感覚がせていたのです。 谷川流『涼宮ハルヒの退屈』より引用
  • 十余人もの丁稚は八畳ほどの部屋に折り重なるようにして眠りに就いた。 松井今朝子『辰巳屋疑獄』より引用
  • が落ちる前から眠りに就いていたため、部屋に電気もいていなかった。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第01巻』より引用
  • 交通機関の大半が眠りに就いている以上、上条は自分の足で走るしかない。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第03巻』より引用
  • 仕事の合間や眠りにく前に私は必ずあの夢を考えるようになった。 高橋克彦『前世の記憶』より引用
  • まあ、鶏も無事だったのだろう、そう思い、間もなく私も眠りにいた。 志賀直哉『城の崎にて・小僧の神様』より引用
  • 竹中はスタンドを消して横になったが、眠りに就くまでに時間を要した。 高杉良『金融腐蝕列島(下)』より引用
  • それは決して人前に姿を現わさず、湖の底で孤独な眠りに就いている。 綾辻行人『暗黒館の殺人(上)改訂06 02 08』より引用
  • その旅びとは微笑を含みながら平和の永い眠りに就いているらしかった。 岡本綺堂『玉藻の前』より引用
  • 疲れが溜まっているにもかかわらず翼は眠りに就いていなかった。 山田悠介『リアル鬼ごっこ』より引用
  • それが分かっていたから、その夜の翔香は、安心して眠りにく事ができた。 高畑京一郎『タイム・リープ 上』より引用
  • どうしても二人の事が頭から離れず、なかなか眠りに就くことが出来なかったのだ。 山田悠介『リアル鬼ごっこ』より引用
  • もうインデックスは眠りに就いているのだろう、あかりは完全に消えている。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第05巻』より引用
  • 客をとったあとの汚れた体を、これでもかというほどいじめ抜いてから眠りに就く。 熊谷達也『邂逅(かいこう)の森』より引用
  • 彼の言う「いいこと」というのは死をイメージして眠りに就くということだった。 角田光代『幸福な遊戯』より引用
  • ひとつ残った灯りをともしきってもまだ眠りに就くことができない。
  • 一行が眠りに就いたとき、空はまだ暗くなってもいなかった。 エディングス『エレニア記6 神々の約束』より引用
  • 次へ »