眠りから目覚め

64 の用例 (0.00 秒)
  • 覚えてるのは、深い眠りから目覚めたあの朝からのことだけです。 宮谷シュンジ『絶望の世界 4狭間の世界 ボクの日記』より引用
  • 葉子が麻酔の長い眠りから目覚めたのは午前八時を少し回った頃のことだった。 大崎善生『アジアンタムブルー』より引用
  • いきなり長い眠りから目覚めたので混乱が彼女に生じている、そう見るのが自然であろう。 高橋克彦『蒼い記憶』より引用
  • 表面は、金銅の金箔が一五〇〇年の眠りから目覚めたように光輝を放っている。 金達寿『日本の中の朝鮮文化 09 阿波・土佐・伊予・讃岐』より引用
  • 俺は白昼夢のような眠りから目覚め、涼やかな夜風を肌に感じる。 奈須きのこ『歌月十夜 20 夢姫』より引用
  • まだ眠りから目覚めきらない意識を明瞭にする為だろう、橙子さんは話を続ける。 奈須きのこ『空の境界 (上)』より引用
  • 渋川が眠りから目覚めたことが、詠子にはよほど嬉しいのだろうか。 大槻ケンヂ『ステーシー』より引用
  • バイオシップのメイン・エンジンが眠りから目覚めたのだ。 山本弘『まだ見ぬ冬の悲しみも』より引用
  • ドアが開く音も、エデを眠りから目覚めさせはしなかった。 アレクサンドル・デュマ/泉田武二訳『モンテ・クリスト伯(4)』より引用
  • このとき、おおご主人さま、私は自分の眠りから目覚めました。 佐藤正彰訳『千一夜物語 01』より引用
  • その声を聞きながら、年輝は深いねむりから目覚めていた。 岩本隆雄『イーシャの舟』より引用
  • 懐かしいユメを見ていたような気がして、眠りから目覚めた。 奈須きのこ『月姫 太陽(シエル・グッドエンド)』より引用
  • 彼はいくたび眠りから目覚めて、それをまとったことか。 ウルフ/岡部宏之訳『新しい太陽の書3』より引用
  • ハリーは、三人だけでいるのに慣れてしまったので、他の人たちもヴォルデモートに抵抗しているのだということをほとんど忘れていたので、永い眠りから目覚めたような気がした。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 07 ハリー・ポッターと死の秘宝 (暫定訳)』より引用
  • はじめは、長い眠りから目覚めたこともあって妄想に違いないと決め付けていたんですが、調べてみたらあなたも伯父上も実在していました。 高橋克彦『蒼い記憶』より引用
  • ハンナと長い眠りから目覚めた5体の人形が出会うとき、彼女達の運命が大きく動き始める。
  • 天吾のペニスは背中を指でとんとんとつつかれ、泥の中での穏やかな眠りから目覚めたようだった。 村上春樹『1Q84 BOOK2』より引用
  • 眠りから目覚めて時間を確認する。 奈須きのこ『空の境界 (下)』より引用
  • 眠りから目覚めた直後に、しばしば起こる見当識障害だ。 梅原克文『カムナビ(下)』より引用
  • 同族の匂いを感じたとき、俺は、たとえもうひとりの自分に入れ替わっていたとしても、その瞬間に意識の眠りから目覚めてしまうのだ。 高橋龍也『痕 ―きずあと―』より引用
  • 次へ »

眠りから目覚め の使われ方