真賀田左千朗

17 の例文 (0.00 秒)
  • 一番よく話したのは真賀田左千朗で、四季の小さい頃の話を持ち出した。 ...
  • 玄関の自動ドアを抜け、ロビィに入ると、真賀田左千朗が待っていた。 ...
  • 真賀田左千朗は大学を辞職し、この研究所の所長になる予定である。 ...
  • 真賀田左千朗も、大部分の荷物を運び込み、研究所で暮らしている。 ...
  • 少し歩くと、右手の奥に、真賀田左千朗が立っていた。 ...
  • その女が、真賀田左千朗と二人でいた。 ...
  • 真賀田左千朗とは、ずっと離れた場所だった。 ...
  • 折り畳みテーブルが中央に並べられ、窓際に四季の父親、真賀田左千朗さちろう教授の顔がある。 ...
  • おそらく、真賀田左千朗との不仲も、既に周知のことだろう。 ...
  • 彼の説明によると、真賀田左千朗が、自宅へ電話をかけて、四季が出かけたことを知り、その後、方々へ電話をかけて、彼女の行方を追ったらしい。 ...
  • 最初に真賀田左千朗さちろう美千代みちょがやってきて、数分間の面会が許可されたけれど、四季は意識がない。 ...
  • 「そういったものを、地道に蓄積していくことが大切だ」真賀田左千朗は娘にそうアドバイスした。 ...
  • その出来事とは、すなわち、真賀田四季が、彼女の両親である真賀田左千朗さちろう、真賀田美千代みちよを殺害した驚異的な事件のことだ。 ...
  • 彼女の父親、真賀田左千朗が右のソファに、彼女の叔父、新藤清二が左の肘掛け椅子に腰掛けている。 ...
  • 同室にいたのは、真賀田左千朗、そして新藤清二の兄弟。 ...
  • 「本当に今日は、特別な日だ」 真賀田左千朗と新藤清二は、彼に歩み寄って握手をし、奥のリビングへ導いた。 ...