真直ぐ

全て 名詞 副詞
1,233 の用例 (0.01 秒)
  • ただ、劇場からホテルに真直ぐ帰って来たとは言いたくなかっただけよ。 クイーン/田村隆一訳『Xの悲劇』より引用
  • その廊下は病院の内部のように暗い電燈の光をつけて真直ぐに伸びていた。 遠藤周作『月光のドミナ』より引用
  • お姉さまとご一緒に散歩した い道が、林のなかに真直ぐ続いています。 川端康成『乙女の港』より引用
  • たしかに橋を渡って真直ぐには行かないだろうと思う理由があります。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • こんな人生の大道を真直ぐに歩まないのでは後のことは話しにならない。 倉田百三『女性の諸問題』より引用
  • ただ、彼に向って真直ぐ伸びている黄金の道にははっきりした色があった。 新田次郎『昭和新山』より引用
  • 志村から浦和まではやはり地図にない立派な道路が真直ぐに通っている。 寺田寅彦『異質触媒作用』より引用
  • しかし、問題はそこへ真直まっすぐに行く道がないという点だったのである。 赤川次郎『昼下がりの恋人達』より引用
  • ここを真直ぐに行けばいつか私を迎えてくれたあの部落に出る筈です。 遠藤周作『沈黙』より引用
  • 赤と緑の光を翼に点灯した飛行機が、真直ぐにこちらに向かってきていた。 有栖川有栖『ダリの繭』より引用
  • 幅の広い豊かな掌から十本の指が真直ぐに伸びているのだろうか。 小川洋子『妊娠カレンダー』より引用
  • それだと、真直ぐ小浜にやってきたとしたら、何時ぐらいになりますか? 有栖川有栖『海のある奈良に死す』より引用
  • 階段を下りた正面の大廊下を真直ぐにすすめば、信長の主殿へ突き当る。 池波正太郎『蝶の戦記 下』より引用
  • それを真直ぐには行かないで、少し後戻りをして林町の方へ出ました。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • モイラという子供は真直ぐに立っていることも、嫌いなように、見えた。 森茉莉『甘い蜜の部屋』より引用
  • クィーンを卒業した時は、未来が一本の真直ぐな道のように思えたわ。 モンゴメリ/神山妙子訳『赤毛のアン』より引用
  • 相手の目を真直ぐに見られるのは、誠実で、正直なしるしとされている。 クイーン/石川年訳『日本庭園殺人事件』より引用
  • 「僕たちはニューヨークから真直ぐやってきたんです」と、僕は言った。 フィッツジェラルド/大貫三郎訳『華麗なるギャツビー』より引用
  • 真直ぐにどこまでも延びている道だけが黒い帯のように見えている。 井上靖『私の西域紀行(上)』より引用
  • 上りきった所から左右へ廊下が真直ぐに走って、ドアが並んでいる。 赤川次郎『マリオネットの罠』より引用
  • 次へ »