真平

全て 副詞
294 の用例 (0.01 秒)
  • だが、自分が殺しもしない女のことで、犯人にされるのは、真平まつぴらだった。 西村京太郎『悪女の舞踏会』より引用
  • 俺がそんな二度寝をしている時、真平さんはそっとしておいてくれる。 霞流一『ロング・ドッグ・バイ』より引用
  • 「俺にそんなところへ入れという話なら、真平まっぴら」とまたおげんが言った。 島崎藤村『ある女の生涯』より引用
  • どうも汽車だけは真平御免でしてね、自動車を一台雇うことにしています。 シムノン/水谷準訳『サン・フォリアン寺院の首吊り人』より引用
  • 第24代の真興王の33年から第26代真平王6年1月まで用いられた。
  • 真平に問われて賢三は、やや間をおいてから、しっかりとした口調で言った。 大槻ケンヂ『グミ・チョコレート・パイン パイン編』より引用
  • この真平御免と云う言葉は前の西洋嫌いの華族の隠居様の話で覚えたのです。 小泉節子『思い出の記』より引用
  • 真平のがなり声がセンター街の中ほどまで聞こえてきた。 大槻ケンヂ『グミ・チョコレート・パイン パイン編』より引用
  • マッピラと云う音が面白いと云うので、しきりに真平と云う事を申しました。 小泉節子『思い出の記』より引用
  • 真平さんは、俺たち犬同士が交流している時、いつも、放っておいてくれる。 霞流一『ロング・ドッグ・バイ』より引用
  • ごくたまに、真平さんが仕事等で都合の悪い場合は、紗織さんが担当する。 霞流一『ロング・ドッグ・バイ』より引用
  • その恩があって、どうしても、真平さんのほうが低姿勢にならざるをえない。 霞流一『ロング・ドッグ・バイ』より引用
  • 彼女も仕事を持っているので、やはり、真平さんと条件は同じだ。 霞流一『ロング・ドッグ・バイ』より引用
  • 会うには会っても、ベルと飲んだり食べたりするのは、真平だ。 ハインライン『夏への扉』より引用
  • 意識的に殺されるのは構わないが、偶然殺されるなんて真平です。 豊島与志雄『変な男』より引用
  • せっかく外国に遊びに行くのに、ほかの方のために時間をとられるなんて真平ですわ。 松本清張『黒の回廊』より引用
  • あの人このごろますますあれだもんだから、手の美しいのなんか真平まっぴらだというのよ。 徳田秋声『仮装人物』より引用
  • うちの真平さんは患者の立場として、会話に加わっていた。 霞流一『ロング・ドッグ・バイ』より引用
  • 俺は東京の真平さん夫婦のもとに引き取られたわけである。 霞流一『ロング・ドッグ・バイ』より引用
  • 真平さんも、ハリソンの飼い主である大学教授に丁寧ていねいに挨拶していた。 霞流一『ロング・ドッグ・バイ』より引用
  • 次へ »