真壁広幹

全て 名詞
2 の例文 (0.00 秒)
  • ただ、この時期の真壁氏の系図は混乱しており、最終的に宗家を継いだ真壁広幹は実は前述の美濃真壁氏の末裔である真壁政幹の孫で、室町幕府の動員によって東国に下った後に幕府の力を背景に鎌倉以来の惣領家を排除して宗家の地位を奪ったとするのが近年の有力説である。 ...
  • 事情はどうあれ、文和3年/正平9年とされる真壁高幹の死去の前後に鎌倉時代以来の真壁氏嫡流が断絶して、美濃出身の庶流・真壁広幹が新たな真壁氏宗家を起こしてその子孫が近世まで続いたと考えられ、広幹は言わば真壁氏の「中興の祖」になったとみられている。 ...